静岡市清水区追分 高圧洗浄作業

静岡市清水区追分 高圧洗浄作業
本日は、清水区の飲食店にて起きた排水管の詰まりトラブルについて、高圧洗浄による詰まり除去作業の事例をご紹介します。ご依頼を頂いたのは早朝で、飲食店の厨房の排水が詰まりを起こしているのでできるだけ早く修理に来て欲しいというご相談でしたので、大至急現場へ駆けつけて状況を見させて頂きました。厨房で水を使用すると、床の排水溝の水位が上昇し、そのまま床に溢れてきてしまうとのお話でしたが、極力水の使用を控えて凌いでいたようで、排水溝には水が溜まっていませんでした。排水溝から下流側を探索していると、厨房の外に大きな排水マスのマンホールとグリストラップを発見しました。厨房からの排水は、排水マスを通ってグリストラップを通過してさらに下流へと流れて行くように配管されているようでした。グリストラップ内には油の塊が蓄積していて、手前の排水マスは排水で溢れてしまっていました。グリストラップとは、文字通り油(グリス)を捉まえる罠(トラップ)のことで、油をたくさん含んだ厨房からの排水を一度停滞させ、油分を流さないようにしながら残りの排水を下流へと流しています。永遠に油を捉まえ続けることはできませんので、定期的に内部の油の塊の除去作業と清掃作業が必要となります。今回は、グリストラップ内に油が溜まってしまって、厨房からの排水を通過させることができずに詰まりが発生したものと考えられました。グリストラップ内の油の塊を手作業で除去することで水の通り道が確保できたのですが、手前のマンホールに溜まっていた排水が流れてなくなると排水マスの内部が露わになりました。厨房と排水マスをつなぐ排水管内部にも相当量の油の塊が付着しているようでしたので、高圧洗浄機を用いて排水管内部の洗浄作業を行いました。どれくらい前からグリストラップ手前で停滞するようになっていたのかは不明ですが、油を含んだ排水が長時間停滞し、パイプの壁面に付着して固まり、年輪のように層になってパイプの内側を閉塞させてしまっていました。こういった手の届かないパイプ内部に付着したものをキレイに除去して洗う作業が高圧洗浄作業です。およそ1時間ほどで厨房と排水マスを結ぶ排水管内部がピカピカ状態に復元できました。溜まっていた水が流れたのでそこで作業を終了してしまっていたら、排水管内部に蓄積した油の塊を残して放置してしまうことになります。そうしていたら、いずれ近い内に排水管内部が完全に閉塞して詰まりが発生していたでしょう。高圧洗浄作業によって詰まりの原因は一掃されましたので、今後は定期的なグリストラップの管理をお勧めさせて頂きました。