掛川市下垂木 トイレフレキ管交換

掛川市下垂木 トイレフレキ管交換
本日は、築20年程の戸建住宅で起きたトイレの水漏れトラブルについて、トイレのフレキ管交換作業の事例をご紹介します。掛川市のお客様からお電話を頂き、トイレで水漏れがあるので見て欲しいというご相談を頂きました。さっそく、お客様宅にお伺いしてトイレの状況を見させて頂きました。トイレの向かって左側、タンクの下あたりにバケツが置かれていて、中には水が溜まっていました。床からの給水管とトイレのタンクとをつなぐための、フレキ管と呼ばれる給水パイプからの水漏れのようでした。このパイプは金属の中でも柔らかいステンレス製で、蛇腹状になっているので自由な曲げ加工ができる大変便利な給水接続用のパイプです。固定されて動かすことが困難な2つの物同士の間をつなぐ時によく用いられ、トイレだけでなく、洗面台やキッチンの収納内のような狭い場所で見ることができると思います。今回の水漏れは、初めは軽くにじむ程度だったそうですが、お客様ご自身で直そうと触っている内に水漏れが悪化してしまったとのことでした。一度水道を止水して、フレキ管を外して詳しく見てみると、末端部分が少し潰れて変形してしまっていることがわかりました。フレキ管の末端部分は綺麗に平らになっている必要があり、その平らな面にパッキンが当たって水漏れを防いでいます。パッキンと接する面が歪んだり傷ついていたりすると、その隙間から水漏れを起こしてしまう訳ですね。お客様に確認して頂くと、確かに一度取り外して付け戻す時に工具で力一杯締め付けてしまったので、その時かも知れないとおっしゃっていました。変形してしまったフレキ管を再利用しても水漏れの可能性はゼロにはなりませんので、お客様にご説明をし、新しいフレキ管で改めてつなぎ直すことになりました。市販のフレキ管は決まった長さにカットされて売られていますが、ちょうどいい長さなどではないため、長すぎたり足らなかったりします。私たちが扱うフレキ管は必要な長さで自ら切断して加工して用います。切断しただけではパッキンとの接地面が存在しませんので、専用の工具で末端部分を綺麗な平らに加工して用います。パッキンも新しいものに入れ替えて給水管とタンクをつなぎ戻して通水、水漏れの有無を確認して修理は完了です。パッキンを使用するつなぎ部分は力一杯締めつけるのではなく、適切な塩梅で止める必要があります。最近ではウォシュレット交換のDIYなどで、一般の方でも触る機会が増えているようで、こういったトラブルは増えつつありますね。必ず止水をして行い、少しでも不安を感じたら力任せに進めてしまわずに、気軽にご相談ください。