富士市吉原 トイレ止水栓交換作業

富士市 トイレ水漏れ修理
本日は、築20年程の戸建住宅のトイレで起きた水漏れトラブルについて、止水栓の交換作業の事例をご紹介します。富士市のお客様から水漏れ修理についてご相談を頂きました。温水洗浄便座を交換しようとご自身で作業を試みたとのことでしたが、止水栓が固くて水を止めることができず、色々試している内に止水栓が水漏れするようになってしまったので、一度見に来て欲しいというご相談でした。最近では量販店やインターネットなどで温水洗浄便座が広く販売されるようになり、ご自身で購入されて交換する方も増えているようですね。温水洗浄便座に付属の施工説明書には新しい本体の設置方法は詳しく記載されていますが、既設の本体の外し方や水道の止め方などは詳しく記載がなかったりしますので、説明書にない箇所で躓いてしまう方からのお問合せも多々頂きます。今回のお客様は水が止められない上に、水漏れによって床に水溜りができてしまうほどの状態とのことでしたので、大急ぎでお客様宅へ向かいました。施工前の写真は撮り損ねてしまいましたが、お客様宅のトイレの止水栓は、マイナスドライバーなどを用いて回転させることによって水を出し止めするD式の止水栓が設置されていました。止水栓とその上の温水洗浄便座用の分岐金具との接続部分から水が一筋垂れていて、床に水溜りができてしまう状態になっていました。止水栓が傷だらけでしたのでお客様に状況をお聞きすると、水を止めようとマイナスドライバーで止水栓の軸を回そうとしましたが、固くて回らなかったそうで、ペンチやプライヤーなどを使って何とか回そうとしている内に傷だらけになってしまい、いつの間にか水漏れするようになってしまったそうでした。止水栓は元栓の役割で、普段、生活の中で触ったり動かしたりする機会がほとんどない箇所かと思われますが、設置されてから動かさずに10年、20年と経つと、その位置で固まってしまい、いざ回そうと思っても手の力ではビクともしないことが多々あります。今回は止水栓自体が傷だらけになってしまっていて、このままではサビによる腐食の進行や本体に亀裂が入る恐れが大きいため、止水栓を新しくする方法にて修理をおこなうことにしました。ドライバーで開け閉めするD式の止水栓はさらに扱いが難しいと感じる方が多いので、蛇口と同じような手で回すことができるハンドル式の止水栓に交換して修理完了しました。このあとご自身で便座交換作業をされるとのことでしたが、通水確認のために止水栓よりも上の部分は今まで設置されていた温水洗浄便座の部品にて一度接続させて頂いて写真を撮りました。止水栓が固くて回せない時は、無理矢理にやってしまうと思わぬところが外れたり破損したりすることがありますので、建物全体で止水をすることと、適切な工具を使用することをお勧めします。