島田市中河町 店舗厨房蛇口部品交換

島田市中河町 店舗厨房蛇口部品交換
今回は、飲食店の厨房内にある蛇口の水漏れトラブルについて、蛇口の部品交換による修理の事例をご紹介します。島田市の飲食店から緊急修理のご依頼を頂きました。厨房にある蛇口が閉まらなくなり、水が勢いよく出続けてしまっていてお困りのようでした。営業中ですが止水栓で一部水を止めて凌いでいらっしゃるようですが、よく使用する場所の蛇口なのでできるだけ早い解決をご希望でした。急いで駆けつけてトラブルの起きている蛇口を拝見すると、ハンドル式の混合水栓でした。通常、ハンドルを反時計回りに回すことで水が出て、時計周りで水を止めることができますが、時計回りにハンドルをいくら回しても水が止まらずに、閉まっていく手応えが全くなく、空回りしている状態でした。止水栓で水を止めて頂いていましたので、内部の状態を確認するためにハンドル部分を分解して内部を詳しく調べました。ハンドル式の蛇口は昔から広く使用されていますが、昔も今も構造は基本的には同じです。蛇口の内部に水の入り口があり、その入り口をり塞いだり開いたりすることで水を止めたり出したりしています。私たちが操作するハンドルは一本の軸とつながっていて、その軸を回転させることによってネジの原理で軸自体が上がり下がりしています。軸の先端にはゴムのパッキンが付いていて、そのパッキンが水の入り口を塞いだり開いたりしています。蛇口の内部と軸の表面の両方に渦巻き状のネジ山があり、お互いが噛み合っているので、軸を回転させることにより軸が上下に動きます。今回のトラブルは、ハンドルの軸についているネジ部分が摩耗して、ネジ山が無くなりツルツルの状態になってしまったことが原因でした。ネジ山がなくなり噛み合わなくなったため、ハンドルを回しても軸が動かずに、水の入り口を塞げなくなったというわけですね。これは飲食店に限ったことではなく、一般家庭の蛇口でも起こりうるトラブルです。蛇口の水の止まりが悪くなってきた時がパッキンの交換時期なのですが、パッキンを交換せずにハンドルを力いっぱいギュウギュウ回して止めようとしがちです。その無理な力で金属のネジ山を強く摩擦され、削れていってしまいます。吐水口からポタポタし始めたら、早めに軸の先端に付いているパッキンを交換する方法が、蛇口に負担をかけずに一番長持ちさせる使い方です。ハンドルを強く締めて凌いでしまうと、他の部品に余計に負担がかかってしまいます。今回は、ツルツルになった軸部分を新しい物に入れ替えて、蛇口を組み立て直すことで無事修理が完了し、通水してすぐに通常営業が可能になりました。こういった緊急修理のご依頼でも、その場ですぐに解決できるように様々な部品を準備して駆けつけますので、お困りの際はぜひご相談ください。