袋井市浅羽 高圧洗浄作業

袋井市浅羽 高圧洗浄作業
本日は、築十数年の一般住宅2階にある台所の排水詰まりトラブル、高圧洗浄作業による詰まり除去作業の事例をご紹介します。袋井市のお客様から台所の臭いが気になるというご相談を頂きました。ここ最近排水の流れ方が悪いのも気になっていらっしゃるようで、市販のパイプ洗浄剤を使用しながら様子を見てたようですが、改善されないというお話しでした。お客様宅にお伺いして詳しく状況を見させて頂きました。2階に台所があり、シンクに水が溜まりがちで、排水が流れる速さもゆっくり、流れた後もゴボゴボと音が鳴っていました。収納の中を覗いて排水管への繋ぎ口を確認すると、排水管に蛇腹ホースが差し込まれていて、隙間を埋めるための防臭キャップというゴム製の栓が入っていました。その繋ぎ口周辺は濡れていましたので排水が少し溢れてしまったのだと思われました。次に屋外の排水マスを確認しに外へ移動しました。排水マスとは屋内の排水が建物の外へ出て他の排水管と合流したりする交差点のような場所で、台所やお風呂、トイレなどそれぞれの系統毎に設置されているのが一般的です。今回は台所が建物の手前の方、玄関に近い位置あるため、玄関横のすぐ外側にありました。フタを開けて中を覗くと溢れてはいませんでしたが、シンクに水が溜まっているのにもかかわらず少しずつしか水が出て来ていない状態でした。台所が1階にある建物よりも2階に台所がある建物の方が、排水は長い距離を流れますので、排水管内部に汚れが付着しやすく、詰まりトラブルも起こりやすいと言えます。毎日の使用で少しづつ汚れが蓄積し、年数の経過によってだんだんと閉塞して詰まりが起きたわけですね。今回は屋外の排水マスから台所へと続いている排水管内部の汚れや詰まりの原因物を綺麗に掃除する方法にて詰まりを除去することになりました。金属のワイヤーなどで詰まり箇所に穴を開けて一時的に開通させる方法もありますが、付着物を全て取り除けるわけではありませんので、残留物が再度詰まりを引き起こしてしまいます。排水管内部の付着物を全て洗い流すには、高圧洗浄機を用いた洗浄作業が最も効果的です。加圧ポンプにて強い圧力をかけた水を排水管内部に噴射することで、汚れや固着した詰まりの原因物を細かく粉砕して、そのまま水で洗い流す作業です。排水管内部を洗浄するための専用のホースを用いて屋外から2階の台所へ向けて洗浄を開始すると、クリーム色に濁った水が流れ出て来て、同じようにクリーム色の塊がゴロゴロと出てきました。これは肉や魚など動物性の油分が固まったもので、台所排水特有の臭いがします。取り逃しのないように、出てくる水が透明になるまで入念に排水管内部を洗浄することおよそ1時間で作業が完了しました。台所の収納内で気になっていた臭いもなくなり、排水もスムーズに流れるようになりました。完全に詰まってしまって床上に溢れたりしないように、定期的に排水管内部を洗浄することをお勧めします。