島田市 浴室水栓水漏れ修理島田市 浴室水栓水漏れ修理

島田市道悦 部品交換作業

本日は、スポーツ施設の浴室で起きたシャワー水栓の水漏れトラブルについて、部品交換修理の事例をご紹介します。島田市のスポーツ施設担当者の方から浴室のシャワー蛇口の修理依頼を頂きました。色々とお聞きしたいので一度見に来て欲しいとご希望でしたので、電話の後そのままお伺いしました。施設内のシャワールームに設置されたサーモスタット付きシャワー専用水栓で、レバーが固くなってしまったため水を出すときに水量が安定しないとの事でした。開閉バルブという部品の交換で修理が可能なため、水栓本体の型番を調べようとしましたが、型番が記載されていたシールが剥がれてしまったのか、わかりませんでした。他のシャワールームにも同じタイプの水栓が設置されていましたので、そちらを確認するとシールから型番が特定できました。この水栓に合う部品をメーカーから取り寄せて届き次第すぐに交換修理が可能なことを担当者の方にご説明すると、とても使用頻度が高い水栓なので本体交換も検討したい、同タイプの水栓本体交換の見積りもして欲しいというご希望でした。その場で同タイプの水栓本体について調べてみると、少し特殊な水栓なのか、思っていたよりも高価な水栓で私もびっくりしたのですが、本体代だけで定価が10万円近くしていましたのでお伝えすると、部品交換でお願いしますと即お返事がありました。すぐに部品を手配して後日交換作業に伺いました。開閉バルブは水栓の出し止めを調節するための部品で、レバーが固いというのは劣化の初期症状で、そのまま酷使していると悪化して劣化すると水が止められなくなったり、出せなくなったりするトラブルに発展します