富士宮市山宮 高圧洗浄作業

富士宮市山宮  高圧洗浄作業
本日は、築5年の戸建住宅の台所で発生した排水詰まりトラブルについて、高圧洗浄作業による詰まり除去作業の事例をご紹介します。富士宮市のお客様から詰まり修理に付いてご相談を頂きました。ずいぶん前から流れが悪かったそうなのですが、いよいよ流れなくなりシンクに排水が溜まって水位が下がらない状態になってしまったようでした。そのまま水を使用せずにお待ち頂き、お客様宅へ駆けつけました。到着して状況を詳しく見ていくと、シンクには排水が溜まってしまって全く動きがありませんでした。流し台収納内の排水蛇腹ホースと床下の排水管との接続部にはビニールテープがグルグル巻きになっていて、以前排水が溢れてきたので漏れてこないように巻いていたそうでした。今このテープを外してしまうと、シンクに溜まった水が一気に収納内に落ちてきてしまうので触らないでおきました。続いて屋外へ出て、台所周辺の排水マスを探し出し、フタを開けて内部を確認すると、排水経路に油汚れの付着が見えましたが水はほとんど流れ出てきていない状態でしたので、恐らく台所シンク下からこの排水マスまでの間の排水管内部に油が蓄積して閉塞して詰まってしまっていようでした。油は排水経路のある一部分だけに集中して蓄積するのではなく、経路全体に及んでいる事が多いので、排水マス周辺だけでなく流し台収納内の蛇腹ホース内にも付着している可能性は十分に考えられます。お客様にも状況を見て頂きながらご説明をした結果、今回は流し台から屋外排水マスまでの排水経路全体に高圧洗浄作業を行い、詰まりの除去と排水管内の洗浄を行うことになりました。高圧洗浄作業とは、加圧ポンプを搭載した高圧洗浄機を使用して水に強い圧力をかけて専用のホースの先端から噴射させることにより、水がぶつかる衝撃によって詰まりや固着物を細かく粉砕して洗い流す作業で、排水管内部で起きた詰まりを除去する方法の中では最も強力で効果的な方法です。排水マスから屋内へ向けて洗浄ホースを入れて洗浄を開始すると、油の塊が次々に流れ出てきました。洗浄ホースを進ませたり戻したりしながらまんべんなく排水経路を洗浄していくと、シンクに溜まっていた水が一気に流れ出てきました。しばらく洗浄していると、流れ出てくる水が濁っていた状態から透明な状態に変化してきます。排水蛇腹ホースの内部もしっかりと洗浄して作業は完了しました。料理をして生活をしている以上、どのようなご家庭でも台所の排水には油の蓄積は必ず発生しますので、定期的に排水管の内部を洗浄する必要があります。料理の頻度や量、食器洗いの仕方などご家庭によって油汚れが蓄積するスピードに差があります。戸建住宅では10年に1回を目安にと言われていますが、今回のお客様は新築から5年での詰まりということでしたので、それぞれのご家庭で定期的に排水管の状況を点検し、詰まりが発生してしまう前に、早め早めの洗浄をおすすめします。