菊川市朝日 ボールタップ交換

菊川市朝日  ボールタップ交換
本日は、築30年の一般住宅のトイレにて起きた水漏れトラブルの修理案件の事例をご紹介します。静岡市にお住いのお客様よりメールにてお問合せを頂き、菊川市にあるお母様宅にてトイレの水漏れが起きているため修理して欲しいというご依頼内容でした。現在お一人でお住まいのお母様は入院中で、ご依頼主の娘様が留守宅の管理のために来た際にトイレを使用しているとのことでした。数日ぶりにお母様宅に来てみるとトイレの水が流れっぱなしになっていたという状況のようで、できればその日の内に見に来て欲しいとご希望でしたので、そのままご都合のよい時間をお聞きして訪問しました。実際にトイレを見させて頂くと、便器の水面がユラユラと揺れており、常に水が少しずつ流れ続けている状態でした。建物は30年程のようでしたが、トイレの型番から考えると15年ほど前に一度トイレを新しくされたようでした。一度止水をして、タンクのフタを外して内部を確認すると、タンクの中一杯に水が溜まって溢れてしまっていました。タンクの中にはトイレを洗浄するための水を溜めて使用しますが、内部に溜まる水の量には決まりがあり、便器の種類によって異なります。しかし、今回は既定の水量以上に水が溜まっており、それでも水道から水を補充し続けてしまっていたため、溢れてしまっていました。タンクの上部から水が溢れてしまうと床に直接水が流れて大変なことになるので、タンクの内部には溢れた水を便器へと逃がすための仕組みが設けてあります。今回はタンク内の貯水量を調節する役割のボールタップという部品が劣化したこちにより、水道からの水をしっかり止められなくなってしまい、タンク内へ少しずつ水を入れ続けてしまったことが原因でした。今後お母様がこの家に戻られるのか、施設に移ることになるのか、この家をどうするかも未定の部分が多いので、今回は必要最低限の修理をご希望のでしたので、ボールタップの交換修理にて解決することになりました。今回のトイレはメーカー純正のボールタップ以外にも、他メーカーの汎用部品でも対応が可能でしたので、金額を抑えるためにも汎用品にて交換をご提案しました。様々なトイレで交換できるように作られていますので形は少し異なりますが、機能は同じです。交換後の稼働チェックも含めて30分程で修理は完了でした。これで安心して使用できますし、留守中の水道代も気にする必要はなくなりましたね。