焼津市下小田 ローポンプ作業

焼津市 トイレ詰まり修理
本日は、まだ築2年の戸建住宅にて起きたトイレ詰まりトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。焼津市のお客様からトイレが詰まってしまったので修理をお願いしたいというお電話を頂きました。建物一階と二階にそれぞれトイレがあり、二階のトイレは問題なく流れるようですが、一階のトイレの方をよく使用するので詰まってしまってからずっと困っていらっしゃるそうでした。できるだけ早い解決をご希望でしたので、そのままお客様宅へと急行しました。お客様宅に到着して見させて頂くと、便器内には水が溜まってしまっていて、時間経過による水位の変化もなかったようでした。普通にいつも通り使用して詰まりが起きたというお話しでしたが、一日前に詰まりが起きて溢れそうになったのでそれ以来使用しないでいたとのことでした。まずは一度屋外へ出て、建物外周の排水管の状況を見に行きました。トイレが詰まって流れないという症状は、便器の内部で詰まりを起こしている場合と、屋外の排水管の方で詰まってしまっている場合と、その両方の場合があり得ます。まずは詰まりの原因箇所を把握する必要があります。今回は屋外の排水管は問題なく正常な状態でしたので、便器内での詰まりの可能性が高いとわかりました。普段通り使用されての詰まりというお話しでしたので、まずはローポンプという道具を使用しての詰まり除去作業を行ってみることににしました。ローポンプとは、注射器と同じ原理で、ピストンを動かすことで先端から水や空気を吸ったり吐き出したりすることができる道具です。水の溜まった便器内に押し当ててピストンを引き、詰まっている箇所を引っ張るように負圧をかけていきます。数回圧力をかけていると、無事詰まりが解れたようで、溜まっていた水が一気に流れていきました。この状態で便器の内部にまだ残留物がある場合は、次にトイレを使用した際に再度詰まりを起こすことがありますので、残留物有無の確認が必要になります。今回も便器内に残留物はなく、問題なく流れていることが確認できましたので、一安心でした。まだ2年の新築のようなトイレですから、経年劣化による詰まりなどではないでしょうから、恐らくご使用状況によるものかと思われました。今後もまた詰まりトラブルに遭わないよう、気をつけながら使用して頂くほかないので、色々と事例の紹介やアドバイスをさせて頂きました。