掛川市 浴室蛇口水漏れ修理
水道修理後
掛川市 浴室蛇口水漏れ修理

掛川市西郷 浴室蛇口交換作業

本日は、築20年程の集合住宅の浴室での蛇口水漏れトラブルについて、台付蛇口の本体交換作業の事例をご紹介します。掛川市のお客様から蛇口の水漏れ修理についてご相談を頂きました。お話しをお聞きすると、集合住宅を管理されている大家さんのようで、入居者から蛇口不具合の連絡を受けて、まだ実物を見ていないので一緒に見に行って欲しいというご希望でした。問題が起きているお部屋に伺う前にお客様のご自宅へ訪問してご挨拶をして、一緒に向かいました。どうやら20年近く経つ建物なので、設備も古く、いつも修理をお願いしていた知り合いの水道屋さんが引退されてからどこに頼もうか悩まれていらっしゃったとのことでした。また、その入居者は一番長く住んでおられる方のようで、ご不便をおかけしたくないのでなるべく早い修理をご希望のようでした。お客様と共にご入居者の方にご挨拶をして、蛇口を見させて頂きました。浴槽の上面に設置されたシャワーとカランの切り替えのついたハンドルタイプの蛇口でした。トラブル状況をお聞きすると、お湯のハンドルが永遠に回ってしまって、お湯が止められないとのことで、給湯器の元栓を閉めて一時的に凌いでいるとのことでした。お部屋全体で止水をして、蛇口を分解して内部を確認すると、ハンドル内部の部品のネジ山が完全に擦り減ってツルツルの状態になっていました。ハンドルタイプの蛇口でこういったトラブルはよく見かけるのですが、そのほとんどは力一杯ハンドルを閉める期間が続いた場合がほとんどです。ハンドルを回して閉めても止まりが悪くポタポタしていなかったかどうか、その際にギュウギュウとハンドルをきつく回して閉めていなかったかどうかをご入居者にお聞きすると、確かにそうしていたというお答えがありました。ハンドルタイプの蛇口は、蛇口の内部にあるネジ山と、ハンドルの軸部分のネジ山とが噛み合っていて、ハンドルを回すことで軸が上下に動き、水を出し止めしていますが、本来止まるはずの所で水が止まらなくなってきた場合は、パッキンを交換することで解決するのですが、そのまま頑張って回して使っていると、ネジ山に負担がかかって摩耗してしまい、最終的にはネジ山が無くなり、永遠に回るようになってしまいます。今回は蛇口内部のネジ山もだいぶ削れてしまっていましたので、蛇口そのものを交換することになりました。幸い、車の中に同タイプの蛇口の在庫があったので、その場ですぐに交換が可能でした。その日の内に解決できたので、ご入居者もお客様も一安心されていたようでした。パッキン交換のようなメンテナンスは、入居者の方から大家さんに頼みづらかったり遠慮してしまいがちなので、大家さん主体で計画を立てて定期的にメンテナンスされる事をお勧めします。