藤枝市青木 ボールタップ交換作業

藤枝市 トイレ水漏れ修理
本日は、築16年の戸建住宅1階にあるトイレの水漏れトラブルについて、タンク内の部品交換修理の事例をご紹介します。藤枝市のお客様からお電話でトイレの水が止まらないというご相談を頂きました。トイレを流した後、いつもであればしばらくして水が止まるはずなのに、ずっと水が止まらず出続けているというご相談でした。大変慌てていらっしゃったので、タンク横の止水栓での止水方法を電話でご案内し、水が止まったようでしたので、そのままお待ち頂き、大急ぎでお客様の元へ向かいました。お客様宅に到着後、早速トイレを見させて頂きました。16年程使用されているINAX製のトイレで、今回が初めてのトラブルというお話しでした。止水しておいて頂きましたので、そのままタンクのフタを外して中を確認しました。まず最初にはっきりと確認できたのは、タンク内に水が溜まり過ぎていて目一杯になっている状態でした。止水栓をゆっくりと開き、タンク内の部品が機能してるかどうかを確認しました。タンク内に溜まる水の量は、タンク内上部に設置されているボールタップという部品によって調節されます。水道の水をタンクの中へ入れて、規定の量に達すると水道からの水の供給を止める役割をしています。水に浮かぶ「浮き」部分の高さによって供給口の開閉を調節していて、水がなくなって浮きが下に下がると水を補充して、水が溜まって浮きが上に上がると水の供給を止める仕組みになっています。今回のトラブルは、ボールタップが経年の劣化により水を止められなくなってしまい、浮きが上まで上がってもそのまま勢いよく水をタンクへと入れ続ける状態になってしまったことが原因でした。こういった突然の部品の故障トラブルでも、当店スタッフの車には色々な種類の修理用部品を常に準備してお伺いしておりますので、お待ち頂くことなくその場で部品交換修理が可能です。お客様にトラブルの状況と修理方法についてご説明をし、お見積り、ご了承を頂いてからの修理作業となります。今回は、すぐにトラブル原因が判明しましたので、ご説明の時間も含めて30分ほどで部品交換修理が完了し、トイレが正常な状態で使えるようになりました。