富士市厚原 自動水栓交換作業

富士市厚原  自動水栓交換作業
本日は、飲食店の厨房内にて起きた蛇口の水漏れトラブル、自動水栓の本体交換修理の事例をご紹介します。富士市の飲食店オーナー様から、厨房内の蛇口の水が止まらなくなってしまっているので見て欲しいというご連絡を頂きました。早速訪問して見させて頂くと、手をかざすと自動で水が出る自動水栓が設置されていて、使用していなくても常に水が出っぱなしの状態でした。公共の場に広く設置されている自動水栓ですが、手で直接触れることなく使用できるので飲食店厨房でもよく使用されていますね。自動水栓には赤外線センサーが備えられていて、センサーが人の手を感知すると水を出し、センサーに何も感知されなくなると水を止める、もしくは一定時間経過後に水を止めるという設定になっています。今回のように水が止まらなくなるという症状の場合、そのセンサーが機能していない可能性、もしくは水の出し止めを切り替えている弁が機能していない可能性とが考えられます。よくよくお話しをお聞きすると、この症状は年に数回起きているとのことで、今まで蛇口メーカーから手配された修理業者さんに、その都度修理を依頼されていたそうですが、一向に改善する様子がないため今回当店にご連絡を頂いたようでした。今までの修理内容について明細などを確認すると、センサー部、切り替え弁部共に部品交換がなされているようでした。部品を新しい物に交換しても症状が出るという事でしたので、電気系統の故障か配線切れがあるのかも知れませんので、そのことをご説明した上で、一度水を止めて蛇口を分解調査しましょうとご提案した所、オーナー様から「もういっそのこと別の蛇口に換えてしまいたい」とご希望がありました。何回も分解修理をしていて、それでも毎回起こるトラブルでもなく、忘れた頃に突然トラブルが起こるので、安心して使えないというお話しでした。商品の取り寄せに何日か頂きましたが、後日別のメーカーの新しい自動水栓をご用意して再度お伺いしました。流し台ごとに止水栓が設けてない厨房でしたので、蛇口交換作業のために厨房全体の水とお湯を止める必要がありました。交換作業はお昼過ぎの休憩時間に合わせて実施させて頂きました。交換作業はおよそ30分程で、新品の別の蛇口にて問題なく安心して使って頂けるようになりました。