富士市厚原 店舗厨房自動水栓交換

本日は、飲食店の厨房にある流し台にて、自動水栓の不具合修理について、水栓本体交換作業の事例についてご紹介します。富士市の飲食店オーナー様から蛇口が壊れたので見て欲しいというご相談を頂きましたので、早速状況を見させて頂きました。厨房の一角に流し台が設置されていましたが、その蛇口が動かなくなったというお話しでした。手をかざすと自動で水が出る自動水栓という蛇口ですが、手をかざしても全く反応がありませんでした。自動水栓は病院や駅などの公共の場にも広く普及していますので、皆さんも使用されたことがあると思います。吐水口付近にセンサーが付いていて、手などの物が近づいた時に感知して蛇口を開き、センサーに物が感知されなくなったら自動で水を止めるという仕組みになっています。手で直接レバーやハンドルを操作する必要がないため、衛生的でとても便利な蛇口ですね。自動水栓が全く動かなくなってしまったという症状で考えられる原因はいくつかあり、一つ一つ可能性を検証する必要があります。コンセントにコードがささっているかどうか、そのコンセントは機能しているかどうか、蛇口につながっている水道管に水がきているかどうか、基本的な点ですが確認は必要です。電気も水道も問題がない場合、センサー部分に汚れが付着して感知できなくなっていないか、充電バッテリーは機能しているか、基盤に異常はないか、など細かく見ていきます。今回はセンサー部にも汚れの付着もなく、新品のバッテリーに入れ替えてみても反応がありませんでしたので、基盤そのものに異常があると思われました。ご使用の年数も長いようで、仮に基盤だけを交換するとしてもそれなりに費用がかかりますし、他の電気系統やバッテリー、蛇口本体がいずれ別の不具合を起こす可能性は十分に考えられます。オーナー様に状況をご説明すると、不具合の度に修理をするのは面倒なので、新品の蛇口に付け替えたいというご希望でしたので、今設置されている蛇口と同等のものを取り寄せて、後日交換するという修理内容となりました。流し台の上に蛇口の本体、台の下に蛇口用のバッテリーや基盤が入ったボックスなどがあるので、台の下部分に潜って全て取り除き、蛇口本体も交換します。およそ1時間ほどで交換と試運転が完了し、今まで通り手をかざして水が使えるようになりました。

富士市 蛇口不具合修理水道修理後
富士市 蛇口不具合修理