静岡市葵区籠上 ローポンプ作業

静岡市葵区籠上  ローポンプ作業
本日は、築20年程の戸建住宅にてトイレの詰まりトラブル、ローポンプを使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。静岡市のお客様からトイレが詰まってしまったので修理をお願いしたいというお電話を頂きました。建物一階部分にトイレがあり、他の階にもトイレはないため、詰まってしまってからずっと困っていらっしゃったそうでした。いつも通り普通に使用しての詰まりとのことでしたが、昨夜に詰まって溢れそうになったので使用しないでいるということでした。お客様宅に到着して見させて頂くと、便器内には水が溜まってしまっていて、時間経過による水位の変化もなかったようでした。一度屋外へ出て建物外周の排水管の状況を見に行きました。トイレの水が流れなくなる症状は、は便器の内部で詰まりを起こしている場合と、屋外の排水管の方で詰まってしまっている場合とがあります。また、その両方もあり得ます。今回は屋外の排水管は問題なく正常な状態でしたので、便器内での詰まりの可能性が高いと考えられました。詰まりの原因については思い当たる点がないというお話しでしたが、普通に使用されての詰まりというお話しでしたので、便器に圧力をかけて詰まりを除去するローポンプという道具を使用することにしました。ローポンプは注射器と同じ原理でピストンを動かすことで先端から水や空気を吸ったり吐き出したりすることができる道具です。水のたまった便器内に押し当てて、ピストンを引き詰まっている箇所を引っ張るように負圧をかけていきます。数回圧力をかけていると無事詰まりは抜けて溜まっていた水が流れていきました。この状態で便器の内部に残留物がある場合は、次のトイレ使用で再度詰まりが発生しますので、残留物の確認が必要になります。トイレットペーパーを丸めたものを複数個作り、一度に一気に流して便器内を通過するかどうかを確認します。屋外の排水マスに流したトイレットペーパーが流れ出てくるか、トイレの流れ方は正常かどうかをしっかり確認し、詰まり除去作業は完了となります。今回のお客様は夜に詰まりが発生して、朝までそのままにして修理をご依頼頂いたようですが、トイレは一つの建物でしたので、ご不便だったと思います。突然のトラブルは時間を選べませんから、夜間でも、お急ぎの場合でも、お客様のご希望に沿って修理に伺いますので、遠慮なくご相談下さい。