焼津市八楠 ローポンプ作業

焼津市八楠  ローポンプ作業
本日は、店舗の多目的トイレで起きた詰まりトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。焼津市の商業施設の担当者様から詰まり修理について質問のお電話を頂きました。来客用のトイレが詰ってしまったようで、すぐに対応できる業者を探している状況のようでした。電話の後すぐに現場へ向かい、到着後実際のトイレの状態とこれまでの詳しい状況についてお話をお聞きしました。男女兼用の多目的トイレの一台のみの詰まりで、多目的トイレの両側にそれぞれ男性用トイレ・女性用トイレがあり、複数の便器が設置されていましたが問題なく流れていました。お店の方が市販のラバーカップを使って詰まりを解消しようとされたそうですが、詰まりが直るどころか便器と床の隙間から水が漏れてきたので諦め、すぐに対応できる業者を探しているうちに当店にお電話を頂いたという経緯でした。一階部分でしたので屋外排水マスも点検しましたが、詰まりは見られませんでしたので多目的トイレの便器内での詰まりの可能性が濃厚でした。便器内には沢山のトイレットペーパーが細かくほぐれた水が残っていましたので、まずはローポンプを使用した詰まり除去作業を行ってみることにしました。ローポンプとは、注射器と同じ原理の詰まりを除去する道具のことで、ピストンを引くことで詰まりの原因物を水ごと吸い戻したり、水を吸わせてからピストンを押すことで水圧をかけて押し流したりすることができます。トイレの詰まりを除去する際には基本的には吸い戻すように使います。便器内に水を追加して水中でローポンプを便器内部に押し当てて3回ほど吸い戻した所で無事流れていきました。排泄物やトイレットペーパーが原因で詰まってしまっている場合であれば、ローポンプで解消できる場合が多いです。トイレットペーパーをいくつか丸めて流して便器内に残留物がないことを確認して詰まり修理は完了しました。水を何回も流しましたが床と便器の隙間からは水は漏れてきませんでしたので、恐らくラバーカップで作業しているときに便器から溢れてしまった水なのではないかと思われました。排泄物とトイレットペーパー以外のものが入ってしまった場合は異物詰まりとなり、ローポンプではまず解決できず、便器を一度解体して異物を物理的に取り除く必要が出てきます。