静岡市 洗面蛇口水漏れ修理
水道修理後
静岡市 洗面蛇口水漏れ修理

静岡市駿河区用宗 洗面蛇口交換作業

本日は、築20年程の戸建住宅の洗面所にて起きた蛇口の水漏れトラブルについて、洗面蛇口交換による修理の事例をご紹介します。駿河区のお客様から洗面台の蛇口が水漏れしているので修理をお願いしたいというお電話を頂きました。お客様宅へ急行して状況を見せて頂きながらお話しをお聞きすると、洗面台周辺の床が濡れていることに気づき、荷物を出してみると、収納内がビショビショの状態だったそうでした。収納内のべニア板は水を吸って柔らかくなってしまっていて、荷物の重みでたわんでしまっていました。今回の水漏れは、シャワーを引延ばしできるタイプの蛇口のシャワーホースの老朽によって起きてしまうトラブルで、普段収納内にぶら下がっていて隠れているホースから水が漏れて収納内に出てしまいます。水漏れが発生しても発見が遅れがちになるトラブルですが、実際の発生事例は多いです。また、レバー操作をする方の蛇口胴体の取り付けも緩んでいてグラグラの状態でしたので、蛇口の根元の隙間から入った水が収納内に直接垂れてしまっている状況でした。修理をするとなると、この蛇口に合うシャワーホースを取り寄せて交換し、蛇口胴体の固定を絞めつけるという方法になりますが、部品の到着まで数日はかかってしまいます。少なくても20年以上一度もメンテナンスをすることなく使用している蛇口らしく、水漏れとは別に、シャワーヘッドの切替ボタンも機能しなくなってしまっていることと、レバーも固くなってきたことも不便に感じていらっしゃるようでしたので、蛇口そのものの交換をご希望でした。車に常備している蛇口でよろしければ取り寄せすることなくその場で交換作業が可能でしたので、一度蛇口を見て頂くと、その蛇口での交換をご希望でしたので、そのまま交換作業を開始しました。収納内から蛇口を取り外して作業することおよそ30分程で、新しい蛇口が使用可能になりました。蛇口の使い方も以前の蛇口とほぼ同じなので違和感なく使って頂けます。シャワーを引き延ばして使うことができる蛇口はとても便利なので、洗面台だけでなくキッチンでも広く用いられていますね。便利な反面、今回の様なシャワーホースからの水漏れトラブルが起こる可能性とも付き合っていかなければなりません。トラブルが起こっているのは使用年数7~10年頃の方が多いので、こまめに収納内を点検しながら使用することをお勧めします。収納内に荷物がたくさん入っていると水漏れしているかどうかが見づらいので、ホース周辺を手で触るなどして確認して頂くとよいですね。