静岡市清水区飯田町 ボールタップ交換作業

静岡市清水区飯田町  ボールタップ交換作業
本日は、集合住宅のトイレで発生した水漏れトラブルについて、隅付タンク内のボールタップ部品交換作業の事例をご紹介します。清水区のお客様からトイレの水漏れ修理についてご相談のお電話を頂きました。賃貸物件にお住まいだということでしたが、水道料金が突然2倍に増えたのでどこで水が漏れているのかご自身でお調べになったそうでした。トイレのタンクから便器に水が常に漏れているのを発見したので、大家さんに相談した所、自分で直してくださいと言われてしまったので、水漏れ修理のお見積りをご希望でした。電話でお聞きした症状から想定される修理内容にて概算の見積りをお伝えすると、修理をご希望でしたのでそのままお伺いさせて頂きました。まずはお客様が発見した水漏れの他に、別の場所で水漏れが起きていないかどうかを確認する必要がありますので、トイレの止水栓を閉じて屋外へ出て水道メーターを確認しました。メーターの回転は止まりましたので、このことから水漏れはトイレだけで起きているということがはっきりしました。トイレを使用していなくても常に便器の水面がユラユラしていたので気づけたと仰っていました。タンクのフタを開けて内部を点検すると、一目見て、タンク内に水が溜まり過ぎて溢れてしまっていることがわかりました。トイレのタンクの中には水道から補充した水が一定の量溜まるようになっていますが、その水量を調節しているのがボールタップという部品です。経年の劣化によりボールタップが正常に機能しなくなると、水道から水を補充し続けてしまったり、しっかりと補充できずにいつまで経っても水が溜まらなかったりという不具合が起こります。今回は水道から十分に補充できているのに、水を完全に止めることができずに常に少しづつ水をタンクの中に入れ続けてしまっている状態でした。一般的にボールタップの耐用年数は10年前後と言われています。こういった部品の経年劣化による水漏れ修理は、賃貸物件の場合、お部屋の持ち主である大家さんが修理費を負担されるケースが多いのですが、賃貸契約の際に修繕費の負担について事前の取り決めがされていたりするケースもあるようですので確認が必要ですね。今回は必要最低限の修理をご希望で、ボールタップの交換により水道からの水をしっかりと補充してピタッと止めて溢れさせず、またタンク内に溜めた水もしっかりと堰き止められて便器へと漏れなったので、ひとまず修理は完了しました。他にも経年により傷んでしまっている部品がタンクの中にありましたが、水漏れが起きているわけではありませんでしたので、様子を見ながらメンテナンスしていくということでした。こういった消耗部品は個別に交換修理されるよりも、まとめてセット交換した方が割引が効きますので、お住いの状況によってはまとめて交換される方がお得です。