静岡市葵区安西 洋式トイレ脱着作業

静岡市葵区安西  洋式トイレ脱着作業
本日は、戸建住宅のトイレで起きた詰まりトラブルについて、洋式トイレの脱着作業による詰まり修理の事例をご紹介します。葵区のお客様からお電話にてトイレ詰まりの修理についてご相談を頂きました。詰まってしまったのは昨晩のことだそうで、いつも通りに使用して、変なものは流していないと思うというお話でした。半日以上時間が経っていましたが、ゆっくり流してみるとまだ詰まっているようで、便器内に水が溜まってしまう状態でした。戸建住宅の一階のトイレでしたので、念のため屋外の排水マスが詰まっていないかどうか確認しましたが、異常はありませんでした。普段通り使用されていての詰まりということですので、たまたま引っかかってしまったのかも知れませんが、水の溜まり方に少し違和感を感じました。トイレットペーパーや排泄物での詰まりであればローポンプを使用して圧力をかけてあげればほとんどの場合は解決できるので、まずはローポンプを試してみることにしました。ローポンプとは、大きな注射器のような形状で、ピストンの動きで先端から水や空気を吸ったり吐いたりできる道具です。空気よりも水の方が伝わる力が強いので、便器内を水で満たした状態でポンプを押し当て、詰まっている箇所を引っ張り戻すようなイメージで圧力を加えます。数回圧力を加えても開通しないので、別の可能性が高くなりました。ローポンプで解決できないような場合、相当な量のトイレットペーパーが詰まっているか、水に溶けない異物が入ってしまっているか、という可能性が高まります。お客様にご説明して、トイレを一度ひっくり返し異物が入っていないか確認することになりました。便器の上にはタンクや便座が載っているため、便器をひっくり返す前にそれらを取り外す必要があります。外したタンクと便座は養生した廊下に避難させ、便器の固定を外してひっくり返すと詰まりの原因が見つかりました。高齢者用の尿パッドが便器の出口部分に引っかかっていました。手で思いっきり引っ張り出して、便器内に残留物が無い事を確認して、トイレを元通り組み戻して修理が完了しました。こういった製品は、水をたくさん吸い込むとパンパンに膨らんでしまいます。その直径は便器の出口よりも大きいため、便器を通過することはまずありませんし、市販のラバーカップや最初に試したローポンプなどでは解決できませんので、落として流さないように気を付けたいですね。