島田市向谷 洗髪水栓交換

島田市向谷  洗髪水栓交換
本日は、築14年程の集合住宅の洗面所にて発生した蛇口の水漏れトラブルについて、洗面蛇口の本体交換の事例をご紹介します。洗面台の蛇口の水漏れ修理について島田市のお客様からご相談を頂きました。レバー式の蛇口のレバーをお湯側にすると吐水口からポタポタと水が止まらない症状のようでした。レバーを水側にすれば漏れてこないようですが、毎回レバーを水側にするのも面倒とのことでしたし、ポタポタの量も前よりもひどくなってきたそうでした。ご都合をお聞きして後日お伺いして詳しく見させて頂きました。洗面台についた蛇口で、レバー式の混合水栓でした。シャワーホースを引き延ばして頭を洗ったりすることができる洗髪水栓と呼ばれる蛇口ですね。レバー式の蛇口には、内部にカートリッジという部品が入っており、水とお湯を混ぜる割合の調節と、出したり止めたりという水量の調節の両方をこの一つの部品が担っています。レバー式の蛇口にとって、最も大事な部品です。使用頻度や経年により少しずつ劣化してしまう消耗部品であり、一般的には耐用年数は7年~10年と言われています。カートリッジが劣化すると、蛇口を閉めても水が止まらなくなったり、吐水口以外の変なところから水が漏れてきてしまったりといった症状が発生します。今回の吐水口からポタポタ水が垂れるという症状もカートリッジの劣化によるものでした。お客様に蛇口の状況をご説明すると、蛇口の取り付けも悪くグラグラするので、部品を交換しての修理ではなく、本体を新品に交換して欲しいとご希望でした。特にメーカーや蛇口の種類にはこだわりはなく、今と同じような機能の蛇口をご希望でしたので、車に常備している一般的によく用いられているグレードの蛇口を実際に見て頂きました。その蛇口への交換する方法にてご了承頂けましたので、取り寄せなどすることなく、そのまま交換作業を行うことになりました。このタイプの蛇口本体の交換作業は30分程頂ければ完成します。お子さんを迎えに行くご予定があるとお聞きしておりましたが、十分に間に合う時間で交換作業は終わりました。とても快適になったと、とても喜んで頂けたのでよかったです。