袋井市上山梨 ローポンプ作業

袋井市上山梨 ローポンプ作業
本日は、飲食店で起きたトイレの詰まりトラブル、ローポンプを使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。袋井市の飲食店からトイレ詰まりの修理についてご依頼を頂きました。できるだけ早い解決をご希望でしたので、大急ぎで駆けつけました。現場に到着し問題の起きているトイレを拝見しました。建物内にはいくつかトイレが設けてあり、バックヤードにあるスタッフ用のトイレのうち一か所だけ詰まりが起きていて、その他のトイレは問題なく使用できる状態でした。屋外へ出て屋外排水の状況も確認しましたが、屋外排水の詰まりはなかったため、これらの状況から、単体のトイレ便器内での詰まりと考えられました。複数の人が使用するトイレなのでどのように使用して詰まってしまったのかはわからないそうでしたが、問題のトイレは一階にあり、すぐ外に屋外排水マスがあるため、異物ではなく排泄物とトイレットぺーパーが詰まりの原因と仮定し、便器側から排水管に圧力をかけて詰まりの原因をほぐして流すローポンプという道具から試してみることにしました。ローポンプは大きな注射器の様な形状の道具で、ピストンの原理で水を吸ったり吐いたりすることができます。ローポンプを便器の鉢内に密着させ、満たされた水ごと詰まり箇所を吸って、何度か繰り返すことで詰まりをほぐすことで詰まりを解消させます。異物が原因でない場合はローポンプを使用することで高い確率で詰まりを除去することができます。便器鉢内が水で満たされた状態で、ローポンプで数回圧力をかけた所で溜まっていた水が一気に流れていきました。しかし、もし水に溶けない異物が入ってしまっていたとしたら、流れずにまだ便器内に残っていることになりますので、この後も使用していると詰まりが再発することになります。トイレットペーパーを丸めて塊を作り、数個入れて流し、それを数回繰り返しても詰まりが再発しないことを確認することで異物が存在していないと言えます。異物が原因での詰まりでない場合は、ローポンプは大変有効な詰まり除去方法なので、短い作業時間で解決に至ることができます。お急ぎの場合はぜひご相談ください。