静岡市葵区長沼 トイレボールタップ交換

静岡市 トイレ水漏れ修理
本日は、築17年程の戸建住宅のトイレで起きた水漏れトラブルについて、タンク内の部品交換による修理の事例をご紹介します。葵区のお客様からトイレから水が垂れるような音がするので詳しく見て欲しいというご相談の電話を頂きましたので、お客様宅にお伺いしてトイレを見させて頂きました。17年程使用しているトイレで、今回が初めてのトラブルだというお話でした。トイレの周りに濡れているようなところはなく、タンクの中からポタポタ音がしていましたので、止水栓で水を止めてタンクのフタを取り外して中を確認しました。タンクの中にはビール瓶が一本入っていました。水量を節約するために入れていらっしゃるようですが、タンクの水量を減らすとトイレを流す力も弱まって詰まりの原因にもなりますし、タンク内の部品の不具合・破損の原因にもなりますし、節水効果もそう多くはないのでお勧めはしていません。今後のために、了承を頂いてビール瓶は取り除かせて頂きました。タンク内に異物がなくなった状態で、止水栓を開けて様子をみていると、タンク内に規定量水が溜まったのにもかかわらず、水道からの水がしっかりと止まらずにポタポタと漏れ出てしまっていることがわかりました。今回のトラブルの原因は、ボールタップというタンク上部に付いている部品の劣化によるものでした。トイレのタンクはトイレを流すために必要な水量の水を溜める場所なのですが、トイレを使用する人が毎回自分で水道を開け閉めする必要がないように、ボールタップという部品が水の出し止めを自動で行ってくれています。トイレを流すとタンク内の水がなくなるので水道から水を補充し、既定の水量まで水が溜まったら水道からの水の補充を止める役割です。しかし、長年の仕様により部品が劣化したことで、水道からの水の補充をしっかりと止めることができなくなり、ポタポタ水漏れを引き起こしたという事ですね。修理に必要な部品は、車に常に準備をしている部品で対応が可能でしたので、そのまますぐにボールタップを交換して通水、動作確認後、水ががピタッと止まるようになりました。一般的にはトイレタンクの主要部品の耐用年数は10年前後と言われています。お住まいの人数や使用頻度によって前後はしますので一概には言えませんが、永遠に使えるというものではない消耗品ですので、使用年数に応じて早め早めの点検やメンテナンスをお勧めします。