菊川市赤土 ローポンプ作業

菊川市 トイレ詰まり修理
本日は、店舗の屋外に併設されたトイレでの詰まりトラブル、ローポンプを使用した詰まり除去修理の事例をご紹介します。トイレが詰まってしまって困っていうお電話を菊川市の店舗様から頂きました。色々と試してみたようですが、解消できないのでお電話を頂いたようでした。幸い、トイレは2台あるので営業に大きな問題はないとのことですが、できれば早く解決したいというお話しでしたので、急いで駆けつけました。店舗に到着し、詰まってしまったトイレにご案内頂くと、トイレの前にはバケツやラバーカップ、漂白剤などの薬品、金属製のワイヤーなど様々なものが並んでいました。一つ一つ、試した時の状況をお聞きしました。以前から詰まりが度々起きているそうで、その都度ラバ―カップを使うことで流れていたのでそのまま使っているというお話でした。今回はラバーカップを使っても全く効き目が無く、色々とインターネットで調べて試してみたということでした。作業スペースを確保するために、一度片付けさせて頂きました。屋外の排水マスや排水管には詰まりはなく、便器の内部での詰まりのようでした。トイレから排水マスまでも距離が近く、排水管の経路もシンプルでしたので、まずはローポンプを使用した圧力による詰まり除去を試してみることになりました。ローポンプとは、注射器と同じ原理で筒状の先端を便器に押し当て、ピストンを引いたり押したりすることで便器内の詰まり部分を引っ張り戻したり押し込んだりすることができる道具で、ラバーカップと比べると吸引力は桁違いです。基本的には引いて使用しますが、空気が混ざると圧力が逃げてしまうので、便器内を水で満たした状態で使用します。異物が原因だったり、あまりにも大量の詰まりでない限りは、数回引っ張れば詰まり部分の向きが変わったり解れたりして、詰まりが解消して流れていきます。今回は引っ張り戻すこと3回目で一気に流れていきました。流れた後も、内部に残留物がないかどうかトイレットペーパーを数回流して確認し、無事作業は完了しました。異物が原因でなくてよかったです。数回流していた時に気づいたのですが、タンクのレバーが元の位置に戻らない時があり、それが原因でタンク内に水が溜まらずに流れっぱなしになってしまう状態になりました。沢山の来客者が使用するトイレでタンクに水が溜まっていない状態でトイレが使用されるとそれだけ詰まりが発生する可能性が高まります。レバーが毎回きちんと元の位置に戻るように調整して、今後も様子を見てもらうことにしました。