静岡市葵区大沢ボールタップ交換 お客様の声

静岡市 トイレ水漏れ修理
葵区のお客様からトイレの水が止まらないという急ぎのお電話を頂きました。止水栓による止水の仕方をご案内して、無事水を止められたようでしたので、そのままお待ち頂き、急いで駆けつけました。お客様宅に到着し、タンクのフタを取り外しながらお客様にトラブルの起きた時の状況を詳しくお聞きしました。20年程使用しているトイレで、トラブルは今回が初めてとのことでした。トイレを流した後、通常であればしばらくして水が止まるはずが、いつまでも止まらない状態になってしまったそうでした。フタが無くなりタンクの内部を直接目で確認できる状態で、止めていた水を開通させてトラブルの原因を探りました。今回はタンク内の上の方に付いているボールタップという部品の劣化により、水道からの水の補充を止められなくなって、タンク内に水を入れ続けてしまう状態であることがわかりました。トイレのタンクは一定の量の水を溜めておく場所で、トイレを流したいときにレバーを操作して便器内を洗浄しますが、水を流したあとに空っぽになったタンクに水道水を補充して既定の量まで溜まったら補充を止める必要があります。水が無くなったら水を補充して、一杯になったら補充を止める役割を担っているのがボールタップという部品です。ボールタップが正常に機能しなくなると、トイレを流したあとに水が補充されずにいつまで経っても水が溜まらないという症状や、水の補充が止まらずにいつまで経っても水が流れっぱなしになるなどの症状が発生します。一度もメンテナンスをせずに20年程使用ということでしたので、タンクの底の方に付いているフロートバルブというゴム製の玉も劣化していて、表面はドロドロに溶けてしまっていました。タンク内の部品の劣化状況について一つ一つご説明し、劣化している部品を一通り交換することになりました。修理に必要な部品は、車に常に準備をしている在庫部品で対応できましたので、そのまますぐに修理開始することができました。

お客様の声
突然の不具合だったので、どこに頼んだらよいのかわからずにパニックになりましたが、インターネットで調べて近い場所から来てくれそうなみずがめ水道さんに修理をお願いしてみることになりました。不具合原因についても、料金の内訳についても、一つ一つ丁寧に説明して下さったので、安心して修理をお任せすることができました。