富士市入山瀬トイレ洗浄便座交換 お客様の声

富士市 トイレ水漏れ修理
富士市のお客様からトイレの床に水溜りができるので一度詳しく見て欲しいというご相談を頂きました。ご都合に合わせてお客様宅を訪問しました。トイレの床に水溜りができるというトラブルの場合、どこからその水が来ているのかを詳しく確認する必要があります。便器と床の隙間から漏れてくるのであれば排水の水漏れですし、水道周りから垂れてくるのであれば給水の水漏れです。どこから漏れてくるのかを調べるためには、考えられる箇所を一つ一つチェックして消去法で確認していきます。今回は、便器やタンク、給水管からの水漏れではなく、温水洗浄便座本体内部から水が漏れてきているのを発見しました。温水洗浄便座を外して少し傾けると漏れてくる水の量が増えましたので、本体内部に水が溜まってしまっていて、そこから少しずつ外部へ漏れてきているようでした。もう20年近く使用している洗浄便座だということで、買い換えをお勧めしました。便器やタンクとは異なり、温水洗浄便座は家電製品なので、耐用年数は10年と言われています。不具合の原因である内部部品を交換する修理はできなくはないのですが、製造メーカーさんも耐用年数を超えている場合は修理よりも買い替えを推奨しています。それは、新しい製品を買って欲しいという理由からだけではなく、修理にかかる費用と買い換えに必要な費用の差はそれほどない点と、家電製品は修理しながら長く使い続けるような製品ではなく、定期的に買い換える製品だという近年の流れである点から、使用年数が長い場合は修理する事自体にメリットが少ないと言えます。本体を交換するのであれば、横に付いているボタン部分がなく、すっきりした便座にしたいというご希望がお客様からありました。便器やタンクはそのまま残して、便座部分だけ交換することができますし、ほとんどの便座が取付可能ですので、欲しい機能に合わせてお選びいただけます。お客様のご希望の洗浄便座は在庫として持っていないものでしたので取り寄せをして、後日交換作業を行いました。

お客様の声
ウォシュレットの交換をして頂きました。今まで体をひねって操作しなければいけませんでしたが、壁にリモコンが付いたことでとても楽になりました。こんなに良くなるならもっと早く交換すればよかったと家族みんなで話しています。私は何よりも掃除が楽になったこと、嬉しく思っております。