富士市荒田島 トイレ脱着作業

富士市荒田島  トイレ脱着作業
本日は、店舗内の男女共用トイレにて発生した詰まりトラブルについて、洋式トイレの脱着作業による詰まり修理の事例をご紹介します。富士市の店舗様からお電話にてトイレ詰まりの修理についてご相談を頂きました。店舗内の男女共用のトイレで詰まりが発生したとのことで、トイレは一台しかないためお困りのようでした。市販のラバーカップで色々と試してみたとのことですが流れないので一度見て欲しいというお話しでした。早速お伺いして状況を見させて頂きました。一般家庭のトイレとは違い、不特定多数の人が使用するトイレではどのように使用して詰まりが発生してしまったかが全くわからないため、状況から判断していくしかありません。排泄物やトイレットペーパーが原因での詰まりであれば色々と悩むこともないのですが、それ以外の異物が入ってしまっての詰まりの場合は詰まりを取り除く方法が異なります。原因がわからない状況で安易に無理やり押し流そうとしてしまうと、異物を押し込んで悪化させてしまうことにもつながってしまうためです。まずは一度水入れて様子を見てみると、便器のフチまで水位が上がった後、なかなか水位が減っていかない状態でした。そのまま置いておき、屋外の排水マスを確認しに行きましたが、特に異常はなかったので、便器内部での詰まりの可能性が高まりました。時間が経っても水の引き方に変化がないというお話でしたので、異物の可能性が高いと感じましたので、便器を取り外しての詰まり除去作業を行うことにしました。バックヤードに養生をさせて頂き、便器の上にあるタンクと温水便座を外して一時的に避難させ、便器を取り外しました。ひっくり返した便器側には何もなく、床下の排水管への入り口部分にトラブルの原因となったものを確認しました。下に落とさないようにトングで慎重に取り出してみると、生理用品がトイレットペーパーに包まれた状態の一つの塊になって詰まっていました。生理用品パット類やペットのトイレシートやおむつなど、水を吸収する製品がトイレに入ってしまうと、大量の水を吸収してパンパンに膨らんでしまうため、便器を取り外さなければほぼ解決は不可能になってしまいます。店舗のトイレでは、誰がどのように使用して詰まりが発生したのかがわからないため、お店側が費用を負担して修理をせざるを得ません。排泄物とトイレットペーパー以外の物をトイレに流さないように呼びかけしながらトイレを使用して頂くか、来客用のトイレを廃止するかという残念な選択肢になってしまいます・・・。外でトイレを使わせてもらう際にはもっともっと気を付けて使って頂きたいものですね。