袋井市葵町 台所蛇口交換

本日は、築15年ほどの戸建住宅、台所の蛇口水漏れトラブルについて、蛇口交換作業の事例についてご紹介します。袋井市のお客様からメールにて蛇口の水漏れ修理についてお問合せを頂きました。シャワーヘッドを引き延ばせるレバー式の蛇口で、シャワーヘッドの下から水がポタポタ垂れてしまうとお困りのようでした。メールで何度かやり取りをし、水漏れの状況についてお聞きしていましたが、詳しい状況はやはり見て確認するのが一番確実ですので、お仕事で不在の時間が多いとのことでしたが、少し時間を作って頂いて、訪問して見させて頂くことになりました。中古で購入して5年、建物自体は15年ほどになるそうで、お住まいになる前の修理歴などはわからないようでした。蛇口を使用すると、シャワーヘッドの下あたりからポタポタと水が出て垂れてきました。吐水パイプにシャワーホースが収納され、シャワーヘッドが収まるのですが、吐水パイプの中間辺りに穴が設けられていて、その穴から水が出てくる状態でした。本来この穴からは水が出てくることはなく、収納されているシャワーホースから水漏れが起きているという事がわかりました。すぐに蛇口の使用を止め、収納の中を見させて頂くと、シャワーホースが収納内にぶら下がっていて、収納内が水浸しの状態になっていました。まずは収納内の荷物を出して拭き掃除をし、シャワーホースについて詳しく調べると、シャワーヘッドに近い部分で亀裂が入ってしまったのかホースから水が染み出てくることがわかりました。引延ばしできる蛇口の場合は、シャワーホースの耐用年数も一般的には10年前後と言われていますので、シャワーホースの交換が必要となりますが、新しいホースもまた10年位を目安にいずれ交換が必要となります。お客様にご説明した所、台所のシャワーを引き延ばして使うことはほとんどなく、トラブルの原因になるのであれば、シャワーホースのないシンプルな蛇口に交換したいとご希望でした。常備している蛇口をご紹介すると気に入って頂けましたし、収納内の荷物も避難してある状態なので、そのまま交換作業を行うことになりました。およそ30分程で新しい蛇口に交換が完了し、水漏れなく使用できるようになりました。

袋井市 台所蛇口水漏れ修理
水道修理後
袋井市 台所蛇口水漏れ修理