焼津市小土 高圧洗浄作業

焼津市 洋式トイレ詰まり修理
本日は、築15年程の戸建て住宅のトイレ詰まりトラブルについて、屋外排水管の高圧洗浄作業の事例をご紹介します。焼津市のお客様から、ここ最近のトイレの流れ方がおかしいというご相談を頂きました。お客様宅にお伺いして流れ方を確認させて頂くと、確かに変な流れ方でした。トイレを流した後すぐに便器内の水位が上がり、便器のフチギリギリまで来て溢れそうになりますが、溢れずに水位で止まりました。そのまま見ていると今度は一気に水位が下がっていき、便器内の水がなくなるのではないかという所まで水位が下がり、ゴポゴポと音を立てて、水が少ないまま音が止み、水位が通常よりも少ない状態のままになりました。お客様にお話を伺うと、一週間くらい前から流れが悪いそうで、普通に流れる時もあるので様子を見ながら使用していたそうでした。このような流れ方になっている原因として、考えられる可能性は2つあります。水に溶けない固形物が便器内にあって詰まりを起こしているが、水が通るくらいの隙間がある状態。もしくは、トイレから少し離れた場所の排水管内で詰まりが起きている状態です。特に変なものを流したとかいうこともないようでしたので、家の外に出て排水管を調べてみることにしました。トイレのすぐ外に排水マス(コンクリート製のマンホールでした)がありましたので、フタを開けて内部を確認すると汚水が溜まっていて内部が見えない状態でした。正常な状態では水はなく、マスの底とそこにつながる排水管が見えます。この場所が水で満たされているということは、ここよりも下流に詰まりの原因があると考えられます。下流をたどりながら排水マスのフタを開けていくと、ほとんどのマスが汚水でいっぱいでしたが、敷地から道路下の下水へとつながる最後の出口である最終マスは正常な状態でした。このことから、最終マスともう一つ上流側の排水マスの間で詰まりが起きていると考えられました。トイレの内部で詰まったのではなく、建物の外の排水管が詰まりを起こしていたということですね。土に埋まった排水管の内部での詰まりを除去する方法としては、金属のワイヤーを入れていく方法と高圧洗浄機を用いて排水管内を清掃する方法とがあります。金属ワイヤーは詰まりに穴をあけて汚水が流れるように開通する所まではできるかもしれませんが、壁面にこびりついた汚物を全て取りきれるとは言い切れません。一方、高圧洗浄作業は排水管内に高圧の水を噴射するホースを入れ、詰まりはもちろん、汚れを全て吹き飛ばして洗い流すことができます。今回のお客様は溜まっている汚水をご覧になって、全てきれいに洗いたいとご希望で高圧洗浄の作業を開始しました。戸建て住宅では一般的に10年に一回くらいのペースで排水管の清掃をした方がよいと言われています。詰まりが起きてからでは清掃も大変ですし、家の中の水が使えなかったり溢れてしまったりというトラブルに見舞われますので、詰まりが起きる前の定期的な清掃がお勧めです。