焼津市新屋 止水栓メタル上部交換作業

焼津市新屋  止水栓メタル上部交換作業
本日は、築25年程の戸建住宅の台所での水漏れトラブル、流し下の収納内にて止水栓部品交換修理の事例をご紹介します。焼津市のお客様から台所の収納内で水漏れが起きているので修理をお願いしたいというご相談を頂きました。数年前にキッチンをリフォームしたそうなのですが、収納内のパイプだけ一部古いものが使われているというお話しでした。お電話では状況が詳しくわかりませんでしたので、すぐにお客様宅へ向かい見させて頂く事にしました。建物は築25年程で、システムキッチンや吊戸棚、壁紙や床材も全てリフォームで新しいものになったそうです。収納内を拝見すると、蛇口は新しいものがついていましたが、床下から立ち上がっている鉄管や止水栓はそのまま再利用されたのか、年数を感じる状態で、今回のトラブルはその止水栓からの水漏れでした。よくよくお話しをお聞きすると、リフォームの際に、施工した業者さんと少し揉めたそうで、今回の事もどうしようか迷ったそうなのですが、あまり会いたくないそうで、当店にご連絡を頂いたとのことでした。止水栓や給水管を新品にするか、再利用するかは、リフォーム工事の内容に入っていたかどうか次第なので何とも言えませんが、止水栓は役割は違えど蛇口とほぼ同じ器具ですので、経年により劣化もしますし、トラブルも起こります。止水栓は、元栓とも呼び、宅内の蛇口のすこし上流側に設置されています。普段生活している中で止水栓を操作することはほとんどないと思いますが、蛇口を修理・分解したりする際に、一時的に水を止める時に操作したり、水の出が強すぎるときに止水栓を絞って調節したりします。ほとんど操作することのない止水栓ですが、内部にはゴムのパッキンが複数入っていますので、水道水に含まれる塩素により少しずつ劣化していきます。お客様に状況をご説明すると、水の出が弱いので調節したかったが、ドライバーで回そうにも硬くて回せなかったというお悩みがあったそうです。止水栓はドライバー式のものと、蛇口の様なハンドル式のものがあり、設置されているのはドライバー式のものでした。今回は、止水栓内のパッキン全てが劣化していましたし、操作しやすいハンドル式に換えたいというご希望がありましたので、ハンドル部分の部品とパッキン一式が一組となっているメタル上部という部品を交換することになりました。建物全体の止水をして、止水栓ハンドル部分を分解後、本体以外の部品一式を新しいものに入れ替えて組み戻して交換は完了です。これで水漏れはなくなり、水量調節も片手で楽にできるようになりました。