袋井市久能 洋式トイレ脱着作業

袋井市久能  洋式トイレ脱着作業
本日は、介護施設でのトイレの詰まりトラブルについて、洋式トイレの脱着作業の事例をご紹介します。袋井市のお客様からお電話を頂き、トイレの詰まり修理のご依頼を頂きました。週末の遅い時間でしたので、いつもお願いしている業者さんがお休みで連絡がつかず、お困りとのことでした。施設の方皆さんで色々と試みているそうですが、まったく解消しなかったというお話しでしたので、現場へ急行しました。お昼頃に詰まって溢れているのが発見され、ラバーカップを使ったり、お湯を流し入れてみたり、薬品を入れてみたりと試されたそうでした。排泄物やトイレットペーパーによる詰まりであれば、時間の経過や薬品によって徐々に解れて解消するケースもありますが、流れ方が変わらずなかなか詰まりも解消しない場合、水に溶けないような異物が原因となっている可能性が高まります。不特定多数の人が使用するトイレなので、どのように詰まってしまったのかも不明ですし、もしも詰まりの原因が異物流れだった場合、ラバーカップなどで無理やり圧力を加えて押し流れてしまうと、直接アプローチするのが難しい床下や土中の排水管の方で再び詰まりを引き起こしてしまうこともあります。お客様に状況をご説明して、異物詰まりの可能性が高いので、トイレを一度解体して、詰まりの原因物を排水管に落とさないように、確実に原因を取り除いてから、再度トイレを組み戻す方法で修理をすることをご提案しました。詰まりの原因があると思われる便器と排水管の接続部を取り外して便器をひっくり返したいのですが、便器の上には温水便座とタンクが載っていますので、まず最初にそれらを取り外して邪魔にならない所に避難する必要があります。廊下に養生をさせて頂き、タンクと温水便座を置かせて頂き、便器だけの状態になりました。便器の固定金具を外した後、便器をひっくり返しましたが、便器側には何もありませんでした。便器が差し込まれる排水管側、排水管の入り口部分に詰まりの原因となった物が確認できました。大人用のオムツでした。ナプキンやオムツのような水を吸収する製品は、大量の水の中に入れると限界まで水を吸い取って膨らんでしまいます。これよりも奥へ押し込むのは大変な力が必要ですが、何かの拍子で排水管の先へと流れてしまったら確実に別の曲がり角などで再度詰まりが発生します。トイレの詰まりが起きた際、とりあえずラバーカップで押し流す、という判断はあまりお勧めできません。トイレの詰まりには、詰まりの原因となる物があり、その原因によって修理方法が異なるからです。無理矢理押し流されて大変な事になっていなくてよかったです。トイレの解体と組み戻しの作業、脱着作業は簡単な清掃も含めておよそ1時間程で完了しました