島田市御仮屋 店舗排水管高圧洗浄作業

島田市御仮屋  店舗排水管高圧洗浄作業
本日は、飲食店のトイレにおける詰まりトラブルについて、床下排水管の高圧洗浄作業の事例をご紹介します。早朝に島田市の飲食店のオーナー様からお電話にてご依頼を頂きました。昨晩の営業終了後にトイレが流れないことに気づき、スタッフの皆さんで色々と試してみたそうですが解消しなかったそうで、営業開始までの間になんとか詰まりを解消して欲しいというご依頼でした。大急ぎでお店に駆けつけ、詰まりの状況調査を開始しました。トイレ以外の水まわりには詰まりはないそうで、トイレだけ流れがおかしいという状況のようでした。店舗内には来客用トイレが男女別になっていて、それぞれ洋式トイレが2台ずつ、男性用には小便器も2台ありました。それら全てのトイレの流れが悪く、男性用トイレを流すと女性用トイレの方の水位が上がったり、音がしたりといった状況でした。複数のトイレが同時に詰まるという症状は、床の下でトイレの排水管同士がつながっていて、全てのトイレが合流する地点よりも下流側で詰まりが起きているという可能性が高いです。屋外へ出て、排水マスのフタを開けて全ての箇所を確認しましたが、屋外の排水管には詰まりはなく、トイレから来ていると思われるパイプから少しずつ水が出てきていたので、詰まりの箇所は屋外とトイレの間だということがわかりました。地面に埋設されている手の入らない排水管内部の詰まりを除去するのに最も効果的な方法は高圧洗浄作業になります。ポンプによって高圧力で噴射される水の衝撃によって、排水管の内部にこびりついた汚れや詰まりの原因を細かく粉砕して洗い流す作業です。高圧洗浄ホースは基本的には詰まり箇所の下流側から入れていきます。ホースの先端からはロケットのように後ろ向きに水が噴射されるため、ホースはどんどん前に自分で進んで行き、粉砕された物は水で運ばれて出てきます。屋外の排水マスからへトイレ系統の排水管内部へ洗浄ホースを入れて作業を開始しすると、数メートル進んだ所で柔らかい物に当たった手ごたえがありました。ホースを引き戻し、何回か衝突させていると、一気に大量の水と一緒に溜まっていた物が流れ出てきました。排泄物やトイレットペーパーが沢山溜まっていたようですが、その中にトイレットペーパーとは異なる、水に溶けない紙状のものも混じっていましたので、それが原因かと思われました。店内で使用されている紙おしぼりでした。トイレに流され、便器を通過したものの、排水管内で引っかかり、詰まりが発生したと思われます。その後も残留物がないように排水管内をくまなく洗浄し、今回は一時間程の作業で無事元通り全てのトイレが正常に流せるようになりました。