静岡市駿河区下川原 Sトラップ交換作業

本日は、飲食店の厨房内にある手洗い器にて排水の水漏れトラブル、排水Sトラップの交換修理の事例についてご紹介します。駿河区の飲食店のオーナー様から、厨房内の手洗い器の排水パイプから水が漏れているので修理をお願いしたいというご連絡を頂きました。スタッフしか使用しない場所とのことでしたが、手洗い器で水を使用すると、そのまま床に水が漏れてきてしまい、足元が濡れてしまうので早めに直したいというお話しでしたので、現場へ急行しました。この手洗い器は厨房と客席を行き来するスタッフさんが手を洗う所のようで、使用頻度は非常に高いそうでした。水漏れの状況を見させて頂くと、手洗い器の下についている排水パイプのループ部分から排水が漏れて垂れてきていました。ループ部分は排水管の臭いなどを通さないためにわざと水が少し溜まる構造になっていて、この構造をトラップと呼びます。この排水トラップはアルファベットSの字型なので、Sトラップといいます。今回はループ部分に穴が開いてしまい、溜まった水が全て床に垂れてしまっていました。このパイプはメッキされた真鍮製で、サビると緑青が発生し、サビが進行するとパイプの壁面が脆くなりって、いずれは穴が開いてしまったり、ちょっとした力で折れてしまったりします。今回も、パイプ表面のいたる所にポツポツとサビが見られました。ループ部分だけ交換しても他の部分で同じようなことが起こりかねませんので、Sトラップ一式を新しい物に交換することになりました。Sトラップは手洗い器の陶器部分を貫通していて、排水口部分もトラップの一部です。手洗い器の下側から固定ナットを外して分解し、排水汚れを清掃して、新しいトラップを組み立てて交換修理は完了です。当店ではこういった部品が突然破損してしまったとしても、その場で新しいものに交換できるように常に車に材料を常備していますので、部品取寄せのために何日もお待たせしてしまうといったことはありません。突然のトラブルでお困りの際は、ぜひ当店にご相談ください。

静岡市 手洗い排水水漏れ修理
水道修理後