藤枝市大手 洋式トイレローポンプ作業

藤枝市大手  洋式トイレローポンプ作業
本日は、藤枝市の飲食店にて起きたトイレ詰まりのトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり修理作業の事例をご紹介します。ご依頼を頂いたのは午前中で、昨夜の店舗営業修了後の清掃時に詰まりが発生してしまったとのことでした。営業開始までは時間があるとのことでしたので、立ち会って頂く事のできる時間帯に合わせて訪問しました。お店に到着後、昨夜の状況をお聞きすると、スタッフによる清掃時に、流せるタイプのトイレクリーナーを沢山使用して一度に流したのが原因ではないか、ということでした。清掃前は正常に使用できていたようですので、異物流れの可能性はなさそうでした。ここで言う異物とは、本来トイレに流してはいけないもの、トイレットペーパーや排泄物以外の物の事です。近年よく見かける「そのままトイレに流せる」という掃除用品などは、少量であれば流れて行きますが、一度に複数を流してしまうと詰まりの原因になることが多いです。製品の注意書きにも書かれているのですが、小さい文字ですし、ほとんどの方は気にして読んだ事はないのではないでしょうか。トイレットペーパーは水に入れて動かすとすぐにハラハラと解れていきますが、トイレクリーナーのようなペーパ―は水に入れたあと、手で揉みこんでもなかなか解れてくれません。折りたたまれた状態で使用してそのまま流されるため、さらに解れにくく、一塊になりやすいと言っても良いかも知れません。それを複数枚使用すると便器の中に塊となって引っかかり詰まりを引き起こします。今回は、ローポンプという道具を使用して詰まりを除去することにしました。ローポンプは注射器と同じような原理でピストンを上げ下げすることで先端から水を吸い込んだり噴射したりできる道具です。水が溜まった便器に押し当てて、ピストンを引くことで詰まっている箇所とそこまでに溜まっている水ごと引っ張ることができます。引いては戻しを繰り返していると、便器内部で詰まりの原因物の向きや形が変わり、流れやすくなります。今回も数回圧力をかけていると一気に流れて行きました。水に溶けない異物が入ってしまった場合は、この方法では解決できません。便器の内部はくねくねと曲がっていますので、便器内の異物ごと手前に引っ張り戻す力はローポンプにはありません。異物が流れてしまったほとんどの場合は、便器を一度取り外して異物を除去する必要があります。今回は幸い、トイレクリーナーだけだったようで、その後はトイレットペーパーを沢山入れて流しても問題なく快調に流れていましたので、残留物もなく無事に復元となりました。