菊川市加茂 店舗手洗い排水トーラー作業

菊川市加茂  店舗手洗い排水トーラー作業
本日は、店舗の手洗い場で起きた排水詰まりトラブルについて、トーラー機を使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。菊川市のお客様から店舗内の排水が詰まってしまったとご相談を頂きました。主に来客者が使用するトイレ内に設置された手洗器に排水が溢れてしまうので使用中止にしているとのことで、営業時間中のようでしたができるだけ早い解決をご希望のようでしたので現場へ急行しました。手洗器には張り紙がされていて、使用中止になっていました。センサー式の蛇口なので、手をかざすと自動で水が出てきてしまうので張り紙をしたようでした。不特定多数の人が使用する所なので、どのように使用されて詰まりの原因が何かを特定するのは難しく、可能性はたくさんありますが、一つ一つ調べていくしかありません。まずは器に溜まってしまっている排水をポンプで吸い取って排水口付近に原因がないかどうかを調べましたが、何も見つかりませんでした。続いて手洗器下にある排水パイプを解体してトラップ部分やパイプ内も調べましたが同様でした。ここまで何も問題がないとなると、詰まりの原因箇所は壁の中に配管された排水管か、さらに下流の方にあることになります。他の手洗器やトイレは正常でしたので、この手洗器だけのトラブルのようでした。壁内の排水管内はさすがに手作業では不可能なので、道具を使用します。屋内で来客の方も多く、早い解決をお願いされましたので高圧洗浄機は使わず、トーラーを試してみることにしました。トーラーとは、排水管内に金属製のワイヤーを入れていき、詰まり部分にっワイヤーで穴を開けて開通させる道具です。トラップを外してあるので壁に見える排水管内にワイヤーを入れてズンズンと進めていくと2m程進んだ所で何かにぶつかる手ごたえがありました。ワイヤーの先端部分はネジのように渦巻いていて、ワイヤーを回転させることによって前方に食い込んで進んで行きます。しかし、排水管の壁面にも穴を開けてしまうこともあるため、扱いに注意が必要です。ワイヤーが進まなくなる箇所にぶつかった手ごたえで、管の壁面なのか詰まりの原因部分なのかを探りながら作業を行います。少しずつワイヤーを回転させて進めていると水が流れていく音がしたので開通したようでした。バケツに汲んだ水をホースで排水管内に流し入れて溢れてこないことを確認し、手洗器を元に戻していきました。手洗器から距離が離れた所で詰まっていたようですので、排水管の曲がり角や他の管との合流部分での詰まりだったのかと思われますが、直接目で見ることができない場所での詰まりなので原因の特定はできません。戻した手洗器からもバケツでたくさん水を流して様子を見ましたが、溢れることなく流れていました。時間に余裕がある時に排水管内の洗浄をすることをお話しさせて頂き、無事解決となりました。