藤枝市田沼 給水フレキパッキン交換作業

藤枝市 店舗給水管水漏れ修理
本日は、飲食店の厨房にて起きた給水管の水漏れトラブルについて、フレキシブル管のパッキン交換修理の事例をご紹介します。藤枝市のお客様から緊急修理のご依頼を頂きました。飲食店の厨房内にて水道管から水が噴き出してしまったということで、元栓にて水は止めることができているようですが、営業中なので大至急修理をお願いしたいというお話しでしたので、現場へ急行しました。厨房内の洗い場シンク下の給水管からの水漏れのようで、セメント床から塩化ビニール製のパイプが立ち上がっていて、止水バルブがあり、その上はステンレス製の自由に曲げ加工できるフレキ管という蛇腹状の管でシンク上の蛇口までつないである状況でした。水漏れはバルブとフレキ管の接続部分からで、通水すると勢いよく接続部分から噴き出しました。トラブル直前の状況をお聞きすると、シンク下に置いてあった一斗缶を入れ替えている時にもしかしたらぶつけてしまったかも知れないということでした。一斗缶がぶつかった衝撃で管とパッキンの当たり面がずれてしまった事が原因と思われます。給水管の接続部分はネジ込み式とパッキン式とがあり、この接続部分はパッキン式になります。その下の塩ビ管とバルブはネジ込み式です。ネジ込み式は管がもう一方に差し込まれていますが、パッキン式では管同士が向き合っているだけです。固い素材2つの管を向かい合わせにし、その間に柔らかい素材のパッキンを入れて挟んで、お互いを強く圧迫することで水が漏れないようにしています。パッキンは一度圧迫して時間が経つとその形で硬くなりますので、管が動いたりすると当たり面がずれて隙間ができて漏れの原因になります。今回はフレキ管やバルブには変形や破損はありませんでしたので、パッキンを新しいものに交換して接続し直すことで修理が可能でしたが、素材としてはセメント床から出ている塩ビ管部分がこの中で最も衝撃に弱い物なので、そこで折れていたらバルブでも止水できませんので、店舗全体で水を止めなければならず、大事にならなくて本当によかったです。一般家庭でもキッチンや洗面台の収納内に排水管や給水管があると思いますが、その周りに物を置かれる場合は、ぶつけたり傷つけたりしないような注意が必要ですね。