島田市井口 洋式トイレローポンプ作業

島田市井口  洋式トイレローポンプ作業
本日は、不特定多数の方が利用する店舗内のトイレの詰まりトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり修理の事例をご紹介します。島田市の店舗様から緊急修理のご依頼を頂きました。日曜日で大変混雑している中、トイレが詰まってしまったそうで、できるだけ早い解決をご希望でしたので現場へ急行しました。様々な人が使用するトイレの詰まりの場合、詰まり方も様々で、流してはいけない異物が入ってしまっている可能性があるため修理方法の選定にも注意が必要なのですが、水の溜まり方や抜け方を観察した所、異物による詰まりで無いように見えました。直接詰まっている箇所が目で見えれば断定するが可能ですが、トイレの内部は直接見ることができませんので、トイレの詰まり修理はまず、溜まり方や水の流れ方で状況を推測することから始まります。平屋の建物でしたので、屋外の排水マスも点検し、排水管での詰まりがないことを確認しました。便器内での詰まりで異物の可能性は低そうという状況でしたので、ローポンプを使用しての詰まり除去を試みました。ローポンプとは、詰まりを除去するための筒状の道具で、注射器のピストンと同じ原理で筒の先端から空気や水を吸い込んだり噴射したりすることができます。トイレの入り口部分に密着させて、内部に溜まった水を吸い込むことで詰まり箇所にある物を引っ張ります。写真でもそうですが、わざと便器内に水を少し貯めて水中で何度か吸い込ませます。すると内部にある詰まりの原因物の位置や向きが変わって流れやすくなり、そのうちに溜まった水と一緒に一気に流れていきます。流れた後はトイレットペーパの丸めたものをいくつか入れて流し、便器の内部に残留物がないかどうかを確認します。内部にまだ残っている物がある場合は、この時点でまた詰まりが発生しますが、正常に流れれば問題がないことになります。沢山の来客者で賑わっていましたが、これで通常通りに戻りました。現場到着からご説明と作業の時間を含めて解決までおよそ20分のスピード解決でした。