焼津市石津中町 洋式トイレ脱着作業

静岡市 トイレの詰まり修理
本日は、築7年程の戸建住宅のトイレにて起きた詰まりトラブル、洋式トイレの脱着作業による詰まり修理の事例をご紹介します。焼津市のお客様からトイレの流れがおかしいので修理して欲しいというご相談を頂きました。お客様宅にお伺いして状況を詳しく見させて頂きました。築7年程とのことで、トイレは1階と2階にそれぞれあり、問題となっているトイレは2階のトイレでした。1階のトイレは正常に使用できていて、屋外の排水マスも詰まりなどの異常はない状態でした。ここ数日、遠方からご家族が泊りにきていたそうで、もしかしたらお孫さんが何か流してしまったのかも、と心配されていました。2階のトイレをゆっくりと流してみると、便器内の水位が上の方まで上がり、みるみる下がって流れていきました。しかし、水が渦を巻いたりはせず、あきらかに変な流れ方でした。トイレットペーパーは流れていかずに便器内に取り残されてしまいます。詰まって流れていかないのに、水位は一気に下がっていくような流れ方の場合は、トイレから離れた場所の排水管で詰まりが起きているか、便器内に異物があるかといった可能性が高くなります。お客様が心配されている通り、異物が入ってしまっているとしたら、無理やり押し流して壁内や床下に配管されている排水管でまたひっかかってしまうとさらにやっかい事態になりますので、ポンプを使用した押し流す修理方法ではなく、便器を一度外して確実に詰まりの原因を除去する方法で修理をすることにしました。こちらのトイレは一見便器だけに見えますが、背面に収納の付いた棚があり、その中にタンクが隠れているタイプのトイレです。便器を外してひっくり返すためには、タンクを先に外す必要があり、そのタンクを外すためには棚を解体する必要があります。一つ一つ丁寧に解体していき、便器をひっくり返してみると、詰まりの原因が判明しました。プラスチック製の小さな人形が、便器の排水管への差し込み口部分に引っかかっていました。人形と排水管の隙間から水だけは流れていきますが、トイレットペーパーなどは引っかかって流れないという状態でした。排水管に落とさないように慎重に人形を引っ張り出して、そのままトイレを元に戻して修理は無事完了しました。今回はすぐに修理に呼んで頂いたので便器内で除去でしましたが、ご自分でラバーパップなどを試して無理矢理に押し流してしまっていたら、もっと大事になっていました。流れてはいけないものが流れた可能性が少しでもある時は、色々と試さずにまずはご相談頂ければと思います。