菊川市大石 タンク内部品交換修理

菊川市大石  タンク内部品交換修理
本日は、築15年程の戸建住宅のトイレでの水漏れトラブル、タンク内の部品交換修理の事例をご紹介します。菊川市のお客様からトイレの水が止まらないという急ぎのお電話を頂きました。止水栓による止水をご説明して、止まったようですので、そのままお待ち頂き、急いで駆けつけました。お客様宅に到着し、タンクのフタを取り外しながらお客様にトラブルの起きた時の状況を詳しくお聞きしました。15年程使用しているトイレで、今回が初めてのトラブルのようでした。トイレを流した後、通常であればしばらくして水が止まるはずが、いつまでも止まらない状態になってしまったそうでした。タンクの中にはペットボトルが一本入っていました。過去にあったことですが、大きな地震があった時など、トイレの不具合について沢山のご連絡を頂くのですが、実際にお伺いしてみるとタンク内のペットボトルや一升瓶が倒れて、タンク内の部品の動きを邪魔していたり、破損してしまっていたり、といった事例が多発します。水量を節約するために入れていらっしゃるようですが、タンクの水量を減らすと流れる力も弱まって詰まりの原因にもなりますし、タンク内の部品の不具合・破損の原因にもなり、節水効果も劇的なものではないため、お勧めはしていません。お客様にご説明をしてペットボトルは取り除かせて頂きました。今回はボールタップというタンク上部に付いている部品の劣化により、既定の水量がタンク内に溜まっても水道からの給水を止められなくなっていて、タンク内に水を入れ続けてしまう状態でした。一度もメンテナンスをせずに15年使用ということでしたので、タンクの底の方に付いているフロートバルブというゴム製の玉も劣化していて、表面はドロドロに溶けていました。タンク内の部品の劣化状況について一つ一つご説明し、劣化している部品を一通り交換することになりました。修理に必要な部品は、車に常に準備をしている在庫部品で対応できましたので、そのまますぐに修理開始し、あっという間に交換作業は完了しました。通水し、動作確認後、水ががピタッと止まるようになったのを見て、お客様も喜んでおられました。一般的にはトイレタンクの主要部品は8~10年に一度の交換が理想と言われています。お住まいの人数や使用頻度によって前後はしますが、ほとんど使用していないトイレだとしても、水道水に含まれる塩素によってゴム製部品やパッキンは劣化が進んでいきますので、永遠に使えるというものではありません、消耗品です。ある日突然こういったトラブルに遭わないように、使用年数に応じて早め早めの点検やメンテナンスをお勧めします。