島田市岸町 給水管水漏れ修理

島田市岸町 給水管水漏れ修理
本日は、飲食店の厨房内のシンクに設置されている立水栓の給水管水漏れ修理案件をご紹介します。店舗様よりご連絡を頂いたのが朝8:00でした。厨房のシンク下から水が漏れているので修理をお願いしたいとご依頼を頂きました。11:00にお店が開店するので、それまでに修理を終えて欲しいと言われましたので、大至急お店へ向かいました。店舗に到着し、水漏れカ所を確認すると、シンクに設置されている立水栓の給水フレキ管より水が漏れている事が解りました。給水フレキ管に穴が開き、水漏れを起こす事は稀で、殆どの場合ですが、袋ナットに取り付けてあるパッキンの劣化により水漏れを起こします。今回もパッキンの劣化と考え、給水フレキ管を外し、パッキンの交換を行おうとしましたが、シンク下がとても狭く、又、立水栓下に取り付けてあるナットへは手が届かず専用の工具を当てる事で精一杯な状況でした。更に悪い事に、通常は各水栓やシンクごとに止水栓が設けられていて、一部分のみの止水ができるのですが、こちらの店舗様の場合、止水栓が設けられておらず、止水を行うにはお店全体のお水を止める必要がありました。従業員の方が何人もいて、それぞれ仕込みや準備の為、お水を使っている状態の中、お店全体の止水を行うことはできません。応急処置として、専用工具を使いナットの増し締めを行いました。パッキンが劣化してしまっている為、ナットを増し締めしても完全に水漏れを止める事ができず、ポタポタと漏れていました。お店の責任者の方に事情を説明して、翌日の開店前の一番早い時間に再訪問して、お店全体の止水を行い修理する事にしました。翌日、再訪問し早速修理開始です。今回の水漏れカ所は一ヶ所でしたが、専用工具を使っても給水フレキ管を外しパッキンを交換しても、スペースが狭い為、上手く給水フレキ管を取り付ける事が出来ない為、シンクを脱着してパッキンの交換を行いました。一つのシンクに水栓が3つ設置されていますので、先ずは給水フレキ管の下のナット3ヶ所を外し、次に排水ジャバラホースを外し、シンクを手前に引きだします。作業時間は限られていますので効率良く作業を進めなければなりません。ナットを外し、シンクを引き出した事により、他の水栓から水が漏れてしまう恐れがありましたので、全てのパッキンを交換しました。パッキン交換後、慎重にシンクを戻し給水フレキ管下部のナットを取り付けます。その際、下部のナットをむやみに締めすぎると上部のナットが緩み、水漏れを起こしてしまいますのでこちらも慎重にナットを締め付けていきます。すべての作業を終え、給水メーターのバルブをゆっくりと開けます。厨房内に戻り、懐中電灯を照らしながら水漏れが無いかを確認し、異常が無い事が確認できましたので、本日の作業は無事終了となりました。やはり一般住宅と違い、店舗様の場合、止水できる時間や、修理を完了させなければならない時間が有りますので、何度作業を行ってもヒヤヒヤしてしまいます。