島田市井口 トイレ水漏れ修理

島田市井口 トイレ水漏れ(作業前)

島田市井口 トイレ水漏れ(作業前)

水廻り修理施工後

島田市井口 トイレ水漏れ(作業後)

島田市井口 トイレ水漏れ(作業後)

本日は、一般住宅の離れの作業場に設置された和式トイレの水漏れ修理案件をご紹介します。最近ではあまり和式トイレを見かけなくなりました。現在では洋式トイレが主流になり、新設で和式トイレを設置する方は殆どおられないかと思いますが、修理用の部品は各メーカーさんでも豊富に揃っていますので修理ができないとか部品が無いという事は殆どありませんので、ご安心下さい。修理までの流れとして、先ずお客様よりトイレの水を流すとパイプから水が漏れてくるので修理をして欲しいとご依頼が入りました。詳しい状況をお聞きしたところ、トイレは和式トイレで、水を流さなければ水は漏れてこないので、現在は使用していないとの事でした。トイレの部品は様々な種類やサイズが有りますので、メーカーやトイレのタイプ等が電話の段階で解れば、ある程度部品を絞って持っていく事ができます。時には取り寄せの部品になってしまうケースがありますが、ある程度絞って部品を持っていけばその場で修理が可能となります。今回は、お客様の情報から、タンクの排水部の故障の可能性が大きいと思いましたので。排水弁や洗浄管、スパットを多めに持っていきました。現場に到着し、実際にタンクの水を流して漏水箇所の特定を行います。タンクの水を流したところ、やはり排水部の洗浄管より水が漏れてくる事を確認しました。水漏れ箇所は確認できたのですが、タンクの水を流してもタンク内に水が補給されてきません。止水栓を確認したら、止水栓のバルブが閉じており、お水が止水されていました。もう一度故障の状況をお客様に確認したところ、ご主人様が洗浄管の水漏れを直そうと工具でナットを締め付けたら余計水漏れがひどくなり、今度はタンク内に補給される水が止まらなくなってしまったので、止水栓で止水を行ったとの事でした。

タンクの蓋を開け給水部のボールタップを見てみたら本来の向きとは違い方向を向いていました。どうやら、排水部の他にも給水管のナットからも少し水が漏れていたらしく、給水管のナットを締めすぎて、ボールタップも一緒に回ってしまい向きが変わってしまったようでした。こちらに関しては、ボールタップの位置を正常な位置に戻し、給水管ナットのパッキンを交換し元に戻す事ができました。今度はメインの排水部の修理です。こちらの部品もかなり年数が経っているとの事でしたので、金属が経年劣化を起こしヒビが入っている可能性があります。先ずは、ナットを外し、パッキンを交換してみました。テストの為、タンク内の水を流してみましたが、水が漏れます。再度ナットを増し締めし、タンク内の水を流してみます。やはり水が漏れます。目視では確認できませんでしたが、金属に何等かの不具合が生じているようです。今度は洗浄管を交換して再度タンク内の水を流してみました。今度は水が漏れてきません。何度か通水テストを行い、水が漏れない事を確認し作業終了となりました。
最後にですが、少量の水漏れなら自分で簡単に直せそうな感じがする場合があるかと思いますが、かえって状況を悪化させてしまう場合がありますので注意が必要かと思います。