排水詰まり修理

磐田市富士見台排水詰まり修理
一般のお客様からトイレのお水を流すと溢れそうになるので一度見に来て欲しいと依頼が入りました。
現場に到着し、トイレに向かい点検のため一度お水を流してみると、便器の中の水位が溢れそうなぐらい上がり、少しずつお水が流れていきました。
お客様に詳しくお話を聞いてみると、今まではこんな事は無かったと言われ、トイレットペーパー以外の固形物なども流していないようで相当焦っておられました。
いつ気になる点があり、お話の中で節水のためお水あまり流さないように使っていらっしゃるようで、これはもしかしたら外の排水管の中で詰まっているかもしれないと思い、外の排水管の中を調べに行きました。
すると、思っていた通り排水管の中が汚物などで一杯になっており排水管の中が点検できるマスと言いますが、マスから溢れていました。
トイレのお水を流すと一度溢れそうなぐらいまで水位があがり、少しずつ水が流れていくのは、マスからお水が溢れるためでした。
屋外の排水管で詰まっているので、どの辺で詰まっているか確認しなければならないため、敷地外の方に向かって一つずつマスの蓋を開けてみました。一番敷地外に近いマスの中は汚水などが溜まっていないため、かなり長い距離で詰まっていることが解りました。
屋外の排水管が詰まっているため作業に高圧洗浄機を使用するしかありません。
お客様に排水管の中が詰まっているため、排水管の掃除をして詰りを取り除いてあげないといけないことを伝えると、了承して頂けました。
高圧洗浄機を使用し詰りを取り除いて終了しました。
最後に確認のためトイレのお水を流してみると、お水はスムーズに流れていったのでまた安心して使って頂けると思います。
排水管内の詰りを直すのに有効な手段はいくつか有るのですが、今回は高圧洗浄機という機械を使用しました。
高圧洗浄機とは、ノズルの先端から高圧のお水が噴きだす事により、詰まっているものを分解しながら掻き出してくれるという優れた機械です。詰り修理に関してはこの機械を使用するのが、最も効率的で確実性があるのではないかと思います。
最後に節水のためお水を減らして使用するのは良くありません。流すお水が少ないと汚物が流れきれずに、排水管の中に残ってしまい、残ってしまったものが原因で詰まってしまいます。もしお水を節約したいのでしたら、最近のトイレはとても節水型になっています、当社は便器交換などもしておりますので宜しければ一度ご連絡ください。