静岡市駿河区東新田 タンク部品交換作業

静岡市駿河区東新田  タンク部品交換作業
本日は、店舗のトイレで発生した水漏れトラブルについて、タンク脱着作業と部品交換による修理の事例をご紹介します。駿河区の店舗様から急ぎの修理依頼を頂きました。トイレの床に水溜りができてしまうとのことで、営業時間中ですができるだけ早く修理をお願いしたいというご相談でした。現場へ駆けつけ、トイレの状態を見させて頂きました。トイレの床に水溜りができてしまう場合、排水なのか給水なのか、便器からなのかタンクからなのか、便座からなのか給水管からなのか、と様々な可能性が考えられます。それらを一つ一つチェックして、漏れている箇所を特定してから修理をする必要があります。今回は、便器の上に載ったタンクからの水漏れで、便器とタンクの間部分から水が漏れ、床に垂れてしまっているということがわかりました。止水をし、タンクを取り外して詳しく調べてみると、タンクを固定するためのネジの取り付けが緩んでいたため、タンク内に溜まった水がネジの周りの隙間から漏れ出てしまったものと考えられました。また、便器とタンクの接続部のパッキンも経年により劣化しており、ほとんど機能していないことがわかりました。お店の責任者の方に説明をし、傷んでしまっている部品を全て交換することになりました。当店の車には、こういった細々とした修理部品も常に準備をしておりますので、日を改めることなくその場で交換修理が可能です。来客の方に待って頂いている間に車から部品を持ってきて、すぐに交換作業に入りました。部品が新しくなり、タンクを組み戻して水道を通水して、無事に水漏れなく今まで通りに使用できるようになりました。タンクを便器に固定するネジの部分が緩んでしまっているトイレは、意外とよく見かけます。この部分が緩んでしまっているタンクは、便器の上でグラグラしています。通常、便器やタンクは、しっかりと固定されていて動かないのが正常な状態ですので、グラグラしている場合は、水漏れや不具合が起こる可能性があり、要注意です。日曜日の混雑する時間帯でしたがすぐに解決することができ、とても喜んで頂けたのでよかったです。