静岡市駿河区中原 高圧洗浄作業

静岡市駿河区中原  高圧洗浄作業
本日は、店舗施設内のトイレ詰まりトラブルについて、屋外排水管の高圧洗浄作業の事例をご紹介します。駿河区の店舗様から、トイレが詰まってしまったとご相談を頂きました。建物内に複数あるトイレの内、女性用トイレの一台が詰まってしまっているという状況のようで、他のトイレは流れているので様子を見ているけれどもずっと使用中止にはできないので修理をしてほしいとのことでした。担当者の方のご都合に合わせてお伺いして流れ方を確認させて頂くと、変な流れ方でした。トイレを流した後すぐに便器内の水位が上がり、便器のフチギリギリまで来て溢れそうになりますが、溢れずに水位で止まりました。そのまま見ていると今度は一気に水位が下がっていき、便器内の水がなくなるのではないかという所まで水位が下がり、ゴポゴポと音を立てて、水が少ないまま音が止み、水位が通常よりも少ない状態のままになりました。このような流れ方になっている場合、考えられる可能性は2つあります。水に溶けない固形物が便器内にあって詰まりを起こしているが、水が通るくらいの隙間がある状態。もしくは、トイレから少し離れた場所の排水管内で詰まりが起きている状態です。試しに隣や男性用の他のトイレも流してみると同じような流れ方をしていましたので、詰まっているのはトイレではなく屋外排水なのではないかと思いました。独立した複数個所の水まわりが同じタイミングで詰まりを引き起こす場合、一つ一つがそれぞれ詰まりを起こしている場合は少なく、それらが合流した先で詰まりが起きている場合がほとんどです。屋外へ出て排水マスを調べていくと汚水と汚物が溜まっていて内部が見えない排水マスを発見しました。正常な状態の排水マス内には水はなく、マスの底とそこにつながる排水管が見えます。排水マス内が満たされているということは、そこよりも下流側に詰まりの原因があると考えられます。下流をたどりながら排水マスのフタを開けていくと、溜まってしまっている排水マスは一か所のみで、その下流側の排水マスは正常な状態だったので、建物内から出てきてすぐの排水マス周辺で詰まりが起きていたことになります。溜まっている量が多く金属ワイヤーで解消できる状況ではなかったため、高圧洗浄機を使用した除去作業を行うことにしました。高圧洗浄作業は排水管内に高圧の水を噴射するホースを入れ、詰まりはもちろん、汚れを全て吹き飛ばして洗い流すことができます。およそ一時間ほどの洗浄作業により排水管と排水マス内部はきれいになりましたが、溜まっていた物がなくなって詰まりの原因が目視できました。建物内の全てのトイレの排水が合流してこの排水マスに出てきますが、排水マスの底面に尿石の付着が蓄積していましたので、排泄物やトイレットペーパーが引っ掛かりやすくなり、詰まりの原因となったようでした。