静岡市清水区北脇 高圧洗浄作業

静岡市清水区北脇  高圧洗浄作業
本日は、店舗のトイレで起きた詰まりトラブルについて、高圧洗浄機を用いた小便器の詰まり除去作業の事例をご紹介します。清水区の店舗様から緊急の詰まり修理のご依頼を頂きました。屋外に設置された男性用トイレ内の小便器が詰まってしまったようで、お店の方がラバーカップで試してみたそうですが改善しないとのことでした。すぐにお伺いして作業に入りました。通常、小便器が詰まってしまった場合は、尿石クリーナーという薬品を投入し、その後ラバーカップよりも強力なローポンプという道具を使用して圧力をかけることにより詰まりが解消するのですが、一筋縄ではありませんでした。便器内から溢れそうな状態から通常の流れ方にまでは回復したのですが、バケツに水を溜めて一気に流してみると、排水スピードが遅いのか溢れそうになってしまう状態でした。再び薬品を投入して時間をおいてからローポンプ作業を行いましたが、やはり流れ方は変わりませんでした。排水マスを見に行くと、茶色い塊が排水管の合流部にあるのを発見しました。薬品で剥がれた大量の尿石の集まりでした。バケツで水を流したくらいでは流れていきそうにないため、急遽高圧洗浄機を車から出して組み立てて、高圧洗浄作業を行いました。排水マスの接続部のみ排水管のサイズが大きく、入り口から下流側は全て小便器専用の細い排水管だったため、通常の洗浄機のノズルがうまく入っていきませんでした。先端が曲がりに強いタイプの洗浄ホースに切り替えて排水マスと小便器との間の排水管内部を徹底的に洗浄した結果、かなりの量の尿石が除去できました。再度小便器で排水テストを行い、問題なく流れていくことを確認して修理は完了しました。