静岡市清水区入江 給湯管一部補修

静岡市清水区入江  給湯管一部補修
本日は、飲食店の給湯器配管で起きた水漏れトラブルについて、給湯管の一部補修の事例をご紹介します。水が出てきている場所と水の量を頼りに保温材とカバーを剥がしていくと、パイプから勢いよく水が噴き出ている箇所を発見しました。塩化ビニールのパイプに穴が開き、そこから水が噴き出している状況ですので、パイプを切断し、配管し直す必要がありますので、補修作業の間、水を止める必要があります。お店は営業中ですので、建物全体で止水を行う必要があるのか、部分的に止水することが可能か、配管経路を確認して判断する必要がありました。パイプの色から、穴が開いているのは水のパイプではなく、お湯のパイプであることがわかりましたので、お湯は止める必要がありますが、幸いな事に、水は止めずに使用できる状況ではありました。給湯器の下に止水バルブがありましたので、そこで止水することにより、水はそのまま使用でき、お湯だけ止めることができそうでした。しばらくお湯だけ出なくなりますが、それでもよろしければすぐに修理が可能であることを責任者の方に説明し、水が使えるのであればすぐに直したいという事で許可を頂きましたので、そのまま作業を開始することができました。当店の車には様々なサイズの部品やパイプを常備しているため、足りない部材を取りに戻ったり、買いに走ったりすることなく、よほど特殊な状況でない限りはそのまま即日修理することが可能です。穴が開いている箇所の上下でパイプを切断して除去し、無くなった部分を新しいパイプと接続部品と接着剤で繋ぎ直してすぐに補修は完了できました。接着剤が固まるまで待って通水し、そのまま厨房内のお湯も復旧できました。もう終わったの?と驚かれてしまいましたが、塩化ビニール管の部分的な補修であれば説明する時間と作業時間とどちらが時間がかかるか、といった所です。お店の営業にも影響が無かったようで、お湯のパイプの方の問題だけだったので本当によかったです。