静岡市清水区吉川 給水管補修作業

静岡市清水区吉川  給水管補修作業
本日は、飲食店の厨房で起きた給水管の水漏れトラブルについて、給水管の補修作業の事例をご紹介します。清水区の飲食店様から急ぎの水漏れ修理のご依頼を頂きました。厨房内に設置されたシンクの下で水漏れがあるため修理をして欲しいとのことでしたので、急いで現場へ向かいました。シンクの下に止水バルブがあり、そこで止水されていましたが、バルブを開いてみるとシンク下で勢いよく水が噴き出し始めましたので、場所を確認後すぐに水を止めました。シンクと蛇口の間をつなぐ立ち上げアダプターの固定が緩んだことにより、接続されたフレキ給水管のナットも緩んでしまったことが原因で水漏れが起きていました。シンク下のフレキ管とシンク上の蛇口を取り外し、立ち上げアダプターが再び緩まないように固定ネジを新しいものに交換してしっかりとシンクに固定しました。蛇口を組みなおし、シンク下のフレキ管をアダプターに接続して無事修理は完了しました。今回のアダプターはシンクの上から固定するタイプのものでしたが、シンクの下からナットで固定するタイプのアダプターも存在します。下から固定するタイプのアダプターの場合は、シンクの下に潜っての作業となるため、シンクの接地状況によってはとても大変な作業になることがあります。今回はシンク単独で止水できるバルブがあったため、お店の営業に支障はでませんでしたが、バルブがない場合は厨房全体、もしくは店舗全体での止水が必要となることもあり、止水ができない状況下では営業時間中での修理が不可能なこともあります。突然のトラブルは予測が難しいですが、水とお湯の配管経路に止水バルブが設けられていないお店では、時間と予算に余裕のある時に要所要所への止水バルブの新設もご検討されてみてはいかがでしょうか。