掛川市北門 高圧洗浄作業

掛川市北門  高圧洗浄作業
本日は、飲食店の厨房における排水詰まりのトラブルについて、排水管の高圧洗浄作業の事例をご紹介します。掛川市の飲食店から詰まり修理のご相談を頂きました。厨房内のシンクの排水不良のようで、水を使用するとシンクに水が溜まってくるというお話でした。お電話頂いたのは夜でしたが、お店の営業中では厨房内での作業が困難な場合もあるため、翌朝の営業時間前に余裕をもってお伺いして状況を詳しく見させて頂くことにしました。シンク下の蛇腹ホース内で詰まっているのかと思い、蛇腹ホースを外してみたのですが、ホースの内部にはつまりの原因はなく、床下の排水管内が油交じりの排水で満たされてしまっている状態でした。下流へと排水経路を辿り、厨房内の排水マスにつながっているようでしたので、そこから詰まり除去作業を行うことになりました。床下に埋設されていて直接手作業では洗うことができない排水管の内部の詰まりを除去する方法として、もっとも強力で効果的な方法が高圧洗浄という作業があります。金属ワイヤーを用いた一時的なの開通作業という方法もありますが、高圧洗浄による徹底的な洗浄作業の方が長期的にメリットが大きいので、それぞれの作業の違いと併せて見積りをさせて頂きました。常備している高圧洗浄機はガソリン駆動式の物なので、屋外に機材をセッティングし、洗浄ホースを厨房内に引き込んでの作業となりました。床の排水マスから洗浄作業を開始しましたが、床下で他の排水管と複雑に合流しているのか、なかなかホースが入っていかない箇所がありました。ホースが進む箇所までの範囲をしっかりと洗浄した後、上流側からも洗浄を行って開通させる必要がありましたので、シンク下の蛇腹ホースを再度取り外し、そこからも洗浄作業を行いました。水で満たされたパイプの中に水を噴射するホースを入れていくことになるため、上流側からの洗浄作業では排水がパイプから溢れ出てきてしまうのは避けられません。一般のご家庭での作業であればできるだけ溢れさせないように細心の注意をしなければいけないのですが、床に防水処理がされていて水洗いできるような厨房床だったため、早く解決できるのならば溢れさせてもよいとご了承を得ての作業でしたので、蓄積した油カスを掻き出しながら下流へと洗浄していき、何とか営業開始前までに無事開通できました。一般家庭のキッチンや飲食店の厨房での排水詰まりの一番の原因は、油です。油と言っても天ぷら油のような植物性の油ではなく、肉や魚などの動物性の油は固着して蓄積しやすいので、流せば流す程、排水管の内部に付着して蓄積が進み、いずれは詰まりを引き起こします。一般家庭よりも排出頻度の高い飲食店や食品加工場などでは、排水管内部の洗浄が一般家庭よりも頻繁に必要になってきますし、完全に詰まってしまってからではお店の営業に色々と支障が出るかと思いますので、早め早めにケアして頂くのが一番です。