掛川市大池 トイレ止水栓交換

掛川市 トイレ水漏れ修理
本日は、築20年程の戸建住宅で起きたトイレの水漏れトラブルについて、トイレの止水栓交換作業の事例をご紹介します。掛川市のお客様からトイレの床に水溜りができるので見て欲しいというご相談を頂きました。お客様宅にお伺いしてトイレの状況を見させて頂きました。床に水溜りができるということは、どこかしらから水が出て来ているということなのですが、考えられる可能性は沢山あります。お客様はトイレの流れた排水が漏れてきているのではないかと心配されていましたが、朝一番に見た時も水溜りができているというお話でしたので、トイレを使用していない時もずっと漏れているということになりますから、排水漏れの可能性はなさそうに思えました。一度床をしっかりと拭き上げて、どこから水が漏れているかを調査していると、トイレ横の床からの立ち上がり管に水漏れを発見しました。床からの立ち上がり管と温水洗浄便座の分岐金具の接続部分から漏れていました。また、通常、トイレの給水管にはタンクとの接続前に止水栓が設けられていますが、このトイレには止水栓が存在していませんでした。床からの立ち上がり管の末端はネジ切りがしてあり、止水栓にあるようなメスネジ部分と接続する必要があるのですが、ゴムパッキンを使用する分岐金具と接続されていて、間違った接続方法になっていたことが水漏れの原因のようでした。温水洗浄便座は数年前に電気屋さんに設置してもらったようですが、止水栓は元々なかったとのことでした。このまま止水栓がないと、こういった水漏れが起きた時に水を止めることができませんので色々と不便ですので、分岐金具部分の取り外し作業に併せて止水栓の設置をご提案しました。止水栓は水の入り口側はメスネジになっていて、水の出口側はタンクまでをつなぐパイプや温水洗浄便座の分岐金具などとパッキンを用いて接続する形になっています。床からの立ち上がり管に止水栓を、止水栓の上側には分岐金具とタンクへのパイプを接続して修理完了です。止水栓は普段ほとんど使用する機会はないかも知れませんが、元栓として手軽にその経路の水を止めるために必要な大事なパーツです。止水栓がない場所の水を止めるためには、建物全体の大元であるメーターボックス内で止める必要がありますが、止めたい場所だけでなく他の経路の水もお湯も止めることになってしまいます。止水栓はトイレだけでなく、洗面台やキッチンの蛇口の上流側、収納内に設置されていますので、設置されていない場合は設置をお勧めします。