富士市水戸島小便器部品交換 お客様の声

富士市 小便器水漏れ修理
富士市の企業様からトイレの水が止まらなくなったので見て欲しいというご相談を頂きました。お電話のあとすぐにお伺いして詳しい状況を見させて頂きました。問題の起きているトイレにご案内頂くと、従業員用の男性用トイレの中の小便器で、水が流れっぱなしで止まらないよう状態になっていました。お伺いしたのは夕方でしたが、朝からずっと止まらない状態だったとのことでした。修理の見積りを会社へ報告し、許可が出てからの修理をご希望でしたので、一度大元の止水栓で水を止めて、小便器の不具合状態を詳しく調べました。この小便器には使用後にボタンを押すことで、洗浄するための水が出て、一定時間経つと自動で水が止まる、フラッシュバルブという部品が設けられています。水道からの水の入り口を開け閉めしているフラッシュバルブの劣化により、弁が閉まらなくなり水が出っぱなしの状態になってしまっていました。通常はフラッシュバルブ内の部品交換による修理、もしくはフラッシュバルブ自体の交換による修理となるため、立ち会って頂いた担当者の方に説明をさせて頂きました。内部部品の交換の場合は部品取り寄せ、フラッシュバブル自体の交換の場合はその場で交換修理は可能でした。その場で修理の許可が出たらすぐに交換できるんですか?と驚かれていましたが、当店の車には修理に必要な部品類は在庫して移動しておりますので、ほとんどのご依頼において何らかの修理がその場で可能です。特定のメーカーの特定な部品のように、限定的な部品までは全て持ち合わせてはいないため、部品の中の内部部品のような細かい部品を交換修理する場合は、メーカーと部品に合わせて内部部品を取り寄せる必要があります。今回のように水がずっと止まらない状態で、止水すると他の所まで水がでなくなり困ってしまう状況の場合、お伺いしたその場で解決したいというご希望は多いですね。すぐに担当者の方が会社に掛け合って頂いて、お返事が来て、そのままフラッシュバルブ交換の作業に移ってくださいと正式にご依頼を頂きました。既に止水をした状態でしたので、そのままフラッシュバルブを解体、新品の物を取り付けて、通水後、取り付け具合の確認と、水量の調節をしました。材質や形状は少し異なりますが、新しいフラッシュバルブになり、水もピタッと止まるようになりました。

お客様の声
トイレの水が止まらなくなり、どこに修理をお願いしようかと悩んでいましたが、従業員の一人にみずがめ水道さんをお勧めされて、今回初めて相談させて頂きました。一度見に来て、後日修理になるのかと勝手に思っていたのですが、その日のうちに修理可能と言って頂けたのでとても助かりました。これからもお世話になりたいと思います。