富士市石坂洋式トイレ脱着作業 お客様の声

富士市 店舗トイレ詰まり修理
本日は、飲食店にて起きたトイレの詰まりトラブルについて、洋式トイレの脱着作業の事例をご紹介します。富士市の飲食店から緊急修理のご依頼を頂きました。来客者が使用するトイレの一台が流れないようで、ご自分たちで色々試してはみたものの一向に改善できないので、できるだけ早く修理をして欲しいというお話しでした。お店に到着して状況を見させて頂くと、トラブルの起きているトイレだけ使用中止の貼り紙がされ、扉に鍵をかけておいて下さったようでした。お店の責任者の方にお話しをお聞きすると、ホームセンターで購入されたラバーカップ、金属ワイヤー製の詰まり除去道具などを用いて、ご自身で詰まりを直そうとされたそうでした。しかし、詰まりが直って使用再開してもすぐにまた詰まりが発生し、直そうとされ、流れるようになって、また詰まり…といった具合の繰り返しのようでした。ここまでのお話しを聞いて、詰まりの原因が何となく予想できましたので、起きている詰まりの状況と原因について説明をさせて頂きました。過去の事例にもありましたが、ボールペンやライターなどのような、水に溶けない固形物がトイレに入って流れてしまった時、便器の内部に引っかかり詰まりが発生します。しかし、丸い排水管に対して、引っかかった固形物の周りに隙間がある状況では、水やトイレットペーパーなどは通り抜けて一見流れるようになり、詰まりが無くなったかのように見えることがあります。それでも、固形物は便器内に残っていますので、次にトイレを使用したりトイレットペーパーを流すと詰まりが再発したりします。今回も恐らく、固形物が便器内部に残っていて、何度となく詰まりを再発してしまっていたものと考えられました。責任者の方からご了承を頂いて、トイレを一度分解して取り外し、便器内に残っている異物を除去する作業、トイレの脱着作業に取り掛かりました。便器内の異物を取り除くためには便器をひっくり返す必要があるのですが、便器の上には便座が設置されていますので、ひっくり返すためにはまずは便座から取り外していきます。便器は床に固定されていて、金具を外すと排水管から便器が抜ける状態になります。便器をゆっくりとひっくり返すと、排水管との接続部分に詰まりの原因が引っかかっているのが見えました。やはり、予想していた通り、オイルライターが一つ、排水管の入り口付近に見つかりました。床下の排水管に落とさないように慎重に取り除き、便器内にも残留物がないことを確認して、全てを元に戻していきました。パナソニック製の比較的新しいトイレでパッキン等も交換する必要もないため作業も早く進み、作業開始からおよそ30分程で元の状態に復元されました。トイレが元通りになった後、オーナー様にも見て頂きながらトイレットペーパをの丸めた物をいくつか同時に流して正常に流れる事を確認して修理完了となりました。

お客様の声
先日は大変お世話になりました。その後、詰まりが再発することもなく、順調に使用できております。初めからプロに修理をお任せしていれば、もっと早く解決できたと痛感しました。今後も困った時はお願いしたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。