富士宮市朝日町 ローポンプ作業

富士宮市 小便器詰まり修理
本日は、商業施設のトイレにて発生した小便器の詰まりトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。富士宮市の商業施設から緊急の詰まり修理依頼を頂きました。来客者用のトイレの小便器が詰まって溢れてしまったとのことで、できるだけ早い修理をご希望でした。週末で混雑しているとのことでしたので、急いで現場へ向かい、到着後、詰まりの状況を詳しく調べました。建物一階にあるトイレ、洋式便器も小便器も複数台あるトイレで、ほとんどの便器は問題なく流れていましたが、小便器が一台だけ水が溜まってしまって連続で水が流れると溢れてしまう状態でした。赤外線の自動洗浄センサーが設置されているので、近づいてしまうと勝手に流れてしまい溢れさせてしまうので、センサー部分にテープを貼り、自動で流れないようにしました。時間を置くと少しずつ水位が下がっていくのでほんの少しは水の通り道があるようでした。小便器の詰まりの原因としては、尿石の蓄積によるものと、異物流れによるものとが考えられます。尿の中の尿素という成分が結晶化したものが尿石です。便器の表面に黄色い着色が起こるのは尿石の付着によるもので、便器の内部や排水管内の壁面にも付着してしまいます。尿石が蓄積すると、通り道が閉塞して流れが悪くなり、いよいよ詰まりを起こします。一方、本来流れてはいけないものが入ってしまって詰まってしまうケースが異物流れになります。ガムや水に溶けないティッシュなどがよく見受けられる異物ですが、小便器には液体のみ流れるようにと想定して作られていますので、大便器よりも通り道が細く作られています。便器の内部にはトラップと呼ばれるクネクネと曲がった構造部分があり、大きい固形物はここにひっかかります。今回は固形物は見られず、尿石の蓄積が原因と思われました。尿石を分解するための薬剤を投入してしばらく放置し、ローポンプという道具を用いて詰まりを除去しました。ローポンプは注射器と同じ原理の詰まりを除去する道具で、先端を便器に密着させて、水を吸ったり噴射したりできます。薬剤によって尿石を解れやすくした状態で、溜まってしまっているものを吹き飛ばすイメージでトラップと排水管内部に圧力をかけていきます。わざと水で満たし、その水を勢いよく吸い込んだり、噴き出したりを繰り返し、徐々に流れるようになってきました。再度薬剤と投入して放置し、ローポンプ作業を繰り返し、無事問題なく流れるように復元できました。自動で流れるトイレでも使用年数によってはこのように尿石の蓄積がありますから、使用する度に手動で流すトイレの場合は毎回しっかりと流さないと詰まりが早まりますので注意が必要です。